シーア派がフサインをカリフに押し立てて反乱を起すという動きを察知したヤズィードは先手を打って3000の軍隊を派遣しフサインとその護衛を攻撃、戦いはウマイヤ朝軍の圧倒的勝利に終りフサインはまともな抵抗すら出来ないまま息子もろとも殺されることになる。

出典カルバラーの戦い - Wikipedia

スンニ派との権力闘争に敗れ惨殺されたフサイン。これがスンニ派とシーア派との最大のしこりとなって現在まで続いています。そのためシーア派のカルバラーに対する思いはひときわ強く、彼らにとって精神的な中心地として今もなお信仰を集めているのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

いつか行ってみたい…!イラクのおすすめスポット10選

約半世紀のあいだに幾多の戦争を経験し、今も収拾がつかない状態が続いているイラク。実はこの国、意外にも観光資源は豊富なんです!いつかこの戦乱が収まることを願いつつ、この国のおすすめスポット10か所をご紹介します!

このまとめを見る