1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「花燃ゆ」視聴率低迷…井上真央「私の力不足」に同情の声

井上真央が「花燃ゆ」の視聴率低迷についてコメントした。主演の責任を感じて「力不足」と発言したが、これには同上の声が多く聞かれる。

更新日: 2015年04月20日

CloverSさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 130211 view
お気に入り追加

◆第18回完成試写会に出席した井上真央

女優の井上真央が20日、都内で行われたNHK大河ドラマ「花燃ゆ」第18回完成試写会に出席。

◆ここで視聴率について問われ「私の力不足」と胸中を告白

井上は、集まった報道陣に対し「いろんな原因があると思いますが、主演である以上、私の力不足ですとしか言えない」

「でも落ち込んだり腐ったりしても周りに迷惑。やりきるしかない」とけなげに前を向いた。

『至誠を尽くす』という(文の)兄(吉田松陰)の言葉を思い出し、笑顔で乗り切れたら

◆大河ドラマ「花燃ゆ」は視聴率が低迷中…

初回平均視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)という、大河史上最低レベルの低視聴率でスタート。

12日の放送では、関東地区の平均視聴率が、「2015統一地方選開票速報」が午後8時から放送され、同作開始が午後7時15分になった影響か、初の1桁台9・8%を記録した。

◆しかし演技力には定評がある井上真央

井上は1992年デビューで、2011年には『八日目の蝉』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞

映画『白ゆき姫殺人事件』、演出とか、役者さんの演技とかめっちゃ素晴らしかった…普段綺麗な役者さんが冴えない人を演じてるのみると感動する、同じ容姿のはずなのに雰囲気全然違うんだもん、井上真央ちゃんすごいね…

井上真央の演技はすごいなぁ。一つの動作から読み取れる物の量や質がすごい

◆「花燃ゆ」ではこんな役を演じている

主演の井上真央(27)演じる主人公は、幕末の長州藩士で思想家の吉田松陰の妹・文(ふみ)。

明治維新で大きな役割を果たした長州藩を舞台に、松陰の知られざる家族たちの物語、そして松陰が講義する松下村塾のもとに集まった弟子たちの活躍を描く。

◆視聴率低迷での報道には同情の声が…

マスコミの報道があまりにも酷すぎる。 そんなに井上真央ちゃんに潰れてほしい?これほどしつこいのは何故かしら?その先に何があるの?ゲーム感覚?俺たちが潰したぜって言いたい?大河ドラマファンへ、演じてる人達の心の演技を見てほしい。彼らが伝えたいのは何なのか、色眼鏡抜きで。 #花燃ゆ

@hhighwaystarrr @hy115ysk 井上真央ちゃんは一生懸命に演技しているのにそんな彼女を叩くなんて筋違いもいい所ですよね。

1 2





CloverSさん