1. まとめトップ

美しきバタ貝!バタ貝の食べ方は、酒蒸しかワイン蒸しか?レシピをチェック!

見た目が美しいバタ貝。「ヒオウギ貝」とも呼ばれる美しい貝は、伊勢・志摩が特産で、地産地消されています。貝殻の色に注目されますが、味も濃厚で美味しいのです。ワイン蒸しなどのオシャレな食べ方が人気で、レシピもいろいろ。

更新日: 2015年04月21日

5 お気に入り 20564 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

バタ貝とは?ヒオウギ貝という方が一般的か?

英虞湾の真珠筏で養殖されている。尚「虹色貝」(にじいろがい)という名は志摩市内の漁協で商標となっている。他に、焼くと貝が開いたりとじたりを繰り返すことから「アッパッパ貝」とも呼ばれている。2005年には3ヶ月ほど麻痺性貝毒(有毒渦鞭毛藻の一種の摂取による毒素蓄積)のために出荷の自主規制が行われていた。

貝の焼き方
 そのまま焼きます。(何も味付けしなくてもおいしくいただけます。) 
蓋付き魚焼きが便利です。蓋がない場合は、アルミホイルをかぶせて焼いて下さい。
貝から身がはずれたら裏返して焼いてください。

バイ貝を使ったレシピをチェックしてみよう!

バタ貝の食べ方は、地元の人のいう事を聞こう!

刺身の作り方
ヒオウギ貝の貝柱と、ひもを使います。身と貝柱は水で洗い、ひもは塩もみをしてから水で洗います。

お刺身がおいしそうですね!

1