1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

女優・俳優たちも「海外留学」で得た経験が仕事に活きてる!石原さとみ・鈴木亮平・柴咲コウ

海外留学していた芸能人まとめてみました。石原さとみ、鈴木亮平、相武紗季、渡辺直美、森山未來、マリエ

更新日: 2015年10月30日

273 お気に入り 372069 view
お気に入り追加

柴咲コウ

女優の柴咲コウ(34)が7年前に初めて一人で長く滞在したマルタ島(共和国)

現地の食材を使った料理を学んだり、ホストファミリーとドライブをしたり、さまざまな経験をした想い出の地。

マルタを訪れた理由は、「ひとりで旅行に行きたい」「知らない国ならどこでもいい」、そして「なんとなく暖かいところがいいな…」という、自由な感性を持つ柴咲さんらしい思いつきがきっかけだった

柴咲さんは仕事に対しても、自分自身の在り方に対しても悩みを抱え、何か違う感性を求めていたという。

石原さとみ

一人で海外へ行き、「世界は広いなあ」としみじみ実感したという。「人間って足元しか見ないところがあって、今いる場所でしか生きていけないんじゃないかと思いがち。でも、何も今の場所に執着しなくてもいいんだ、私は今ここが好きだからここで生きているんだなって。」

女優の石原さとみは2010年の年末に、たまたまスケジュールの空白ができ、米ニューヨークに語学留学。

「女優石原さとみではなく、プライベートの自分として過ごせたことが大きかった」

無理しなくても、心を閉ざさず、ただ人と会って話したり、いろいろなものを見聞きするだけで、こんなに意識も世界も変わるんだなと気づきました。そう思ったら心に余裕ができてきましたね

人との交流が増える中で、もともと興味があったメークもますます好きになった。

 「明らかに、前よりも興味が深まりましたね。好みのメークも増えましたし、役によって変えるようになった。そういう意味では、おっしゃるような雰囲気の変化にもつながっているのかもしれませんね」

@momopi29 石原さとみも、海外留学したらアカ抜けたってテレビで言ってたね(=゚ω゚)ノ♫

鈴木亮平

中学生になってオーストラリアへ行ったときに留学を意識したという鈴木は、その後に参加したサマーキャンプでアメリカ人の女の子に恋をしたことで留学熱が高まった

鈴木亮平は高校1年生のとき、交換留学プログラムで米国オクラホマ州に1年間留学した経験がある。

高校1年生で2~3割しか英語を理解できない状態で留学したそうで、「言葉が不自由なので引っ込み思案になって、クールな留学生だと思われていた」と明かす

鈴木は、「海外に行くと、自分と向き合う機会が多くなる思う。海外でしか学べないことがある!」と熱弁。

「留学が今の仕事に役立っていることは?」という質問には「世界を意識して仕事をするようになった」と回答。

相武紗季

8月末までの5ヶ月間、アメリカに語学留学をしていた女優の相武紗季

「素敵な人にたくさん出会って、全然違った文化を体験できて楽しかった」と充実した海外生活について明かした。

留学をへて「いろいろなことに興味を持つようになった。知らないことがまだまだあるということに気付くことができた」という。

留学してからは1人で海外に行くようになった。「行動力が前よりついた気がします」といい、「今後は世界遺産を見にボリビア、カンボジアに行ってみたいですね」と目を輝かせる。

1 2 3





blaugrana1003さん

自分の中の三大正義(かわいい、楽しい、なるほど)を中心にまとめていきたいと思います。よろしくお願いします。