1. まとめトップ

こんなにあったのか!?1970年代から今までにブームになったダイエット♡

これまで様々なダイエットが取り上げられ次々に新しいダイエット方法が出てきましたが、まとめてみると凄く色々ありました!過去に大ブームになった様々なダイエットをまとめました。

更新日: 2015年04月25日

1 お気に入り 8770 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stealthboonさん

▼1970年代にブームになったダイエット

経済成長・飽食の時代と豊かになって行くが、その裏側では肥満との戦いが始まっていたようです。

日本で初めて自分で作ったカロリーブックをもとに、1日の食事を2000kcal以内に抑え、半年で17kgのダイエットに成功!

『ミコのカロリーBOOK』 弘田三枝子著 1970年 150万部の大ベストセラー

出典slism.jp

お家で出来るフィエットネス器具が大流行

米国式スポーツジムや健康器具を用いた米国式ホームフィットネス

ターナーベルト、ルームランナー、スタイリー、ぶら下がり健康器等が次々と輸入発売 (ジャパンターナー㈱が1966年から輸入販売)

菌を紅茶の中で発酵させた飲み物。何にでも効くともてはやされ大ブーム

1970年代半ばに一世を風靡した健康食品が紅茶キノコ

マドンナらセレブの間で、緑茶と並んでKombucha(コンブチャ)なるものがダイエットドリンクとして人気なのだが、その正体は紅茶キノコ

▼1980年代にブームになったダイエット

世の中に色々な物が溢れて美味しいものが次から次へ出てくる時代に突入

りんご以外の食べ物はいっさい口にせず3日間を乗り切るダイエット

飲み物は水と1日2杯までのブラックコーヒーはOKでした。体調が悪いときは避け、からだに異変があったらすぐに中止するという警告も。このダイエット中のきつい運動も禁止です。

ローカロリーな「こんにゃく」だから、それだけ食べてたら痩せる理論

「こんにゃく」がダイエットによいのはもちろんのこと、主成分である「グルコマンナン」が食べ物から摂取された脂肪やコレステロールの吸収を抑制

ローカロリーな「こんにゃく」がダイエットによいのはもちろんのこと、主成分である「グルコマンナン」が食べ物から摂取された脂肪やコレステロールの吸収を抑制。

ゆで卵だけを食べ続けるダイエット

栄養の面で多少疑問を持つものの、ゆで卵だけを食べ続けるダイエット方法。確かにゆで卵は腹持ちが良いのでその他に何かを食べなくてもいいと言えばいいのですが。

市川海老蔵さんなど昼のみゆで卵生活をしていたりと腹持ちが良いので、意外と有効だったりします。

ハトムギは1980年代頃から美肌効果がある食材としてさまざまな加工食品になっています。ハトムギはダイエット効果や美肌効果以外にも、消化不良防止・食欲不振防止・下痢防止などにも効果があります。

高タンパクで高脂肪でカロリーも高いのですが、新陳代謝が良いのでダイエットに向いている食材として人気があります。

女性には嬉しい成分が含まれ、尚且つ便秘解消に役立つ食物繊維も豊富に含まれていますからダイエット効果も期待できる

タンパク質をはじめ、ビタミンB1やビタミンB2等が含まれており、食物繊維等も豊富に含まれています。

タワシで体をこすりリンパの流れを良くするというダイエット

塩を全身にもみこんだあとに体をこする

タワシ摩擦を始めると、肩こり、便秘、腰痛、脚の疲れ、むくみ、冷え性、ダイエット等に効果が現れます。

全身の血行が良くなり、リンパ液の流れが良くなる為と考えられます。

▼1990年代にブームになったダイエット

常に爪先立ち状態で無理矢理鍛えさせられる

『初恋ダイエットスリッパ』1990年に発売され、400万足以上のロングセラー商品。かかと部分が無く、足首やふくらはぎが鍛えられる。

1 2 3 4 5 6