1. まとめトップ

医療用ウィッグ・医療用かつらのまとめと選び方

抗がん剤治療や脱毛症、事故や怪我による髪のトラブルはいきなりウィッグが必要になります。何を選んだらいいのか?どう選んだらいいのか?そんな時に是非このまとめを参考に、自分に合ったウィッグを選んでください。

更新日: 2015年04月22日

mro1982さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 7557 view
お気に入り追加

抗がん剤治療や脱毛症、事故や怪我による髪のトラブルはいきなりウィッグが必要になります。
そんな時、何を選んだらいいのか?どう選んだらいいのか?

医療用ウィッグ・かつらとは?

抗がん剤等によるお薬による脱毛や、事故や怪我、ストレスなどによる髪のトラブルにお悩みの方が着用されるウィッグ(かつら)のことを言います。

一般的に、「医療用かつら」には定められた定義がありませんが 、投薬治療を行う場合、脱毛による頭のサイズ変更や、 頭皮が普段よりデリケートになることなどから、 これらに対応できるかつらを「医療用かつら」と呼び、 その他のかつらを「おしゃれ用かつら」としています。

医療用かつらとは…

抗がん剤等によるお薬による脱毛や、事故や怪我、ストレスなどによる髪のトラブルにお悩みの方が着用されるウィッグ(かつら)のことを言います。

医療用ウィッグの選び方・チェックポイント

医療用ウィッグといっても、メーカーや種類も様々。
何を選んだらいいのかわからない…
そんな方のために、チェックポイントをまとめました。

①見た目の自然さ

ウィッグの毛質は、大きく分けて3種類。
それぞれの毛質に特徴があるので、自分が重視するポイントがどこなのかによって、どの毛質を選んだらいいのかが決まります。

かつらの毛質には大きく分けて3種類あります。
それぞれの毛質には特徴がありますので、どの部分を重視するかが重要になってきます。

つむじは自然に見えるか?
毛質に不自然な艶感はないか?
ショートスタイルの場合は、えり足が浮いていないか?

②サイズ調整のできるものを選ぶ

抗がん剤治療によって脱毛をすると、脱毛状況により頭のサイズにも変化があります。

アジャスターの付いているウィッグなら、自分で簡単にサイズ調整ができます。

アジャスターでは対応しきれないサイズの変化や、頭の形にそったサイズ調整もできるのが望ましいです。
サイズ調整にお金がかかる所もあるので、細かくチェックしましょう。

③希望通りのヘアスタイルにできるか?

より自然感を出すためには、実際に自分の顔の形に合わせたヘアスタイルが大切。
自毛と同じヘアスタイルも作れるので、ウィッグと気づかれません。

自毛のスタイルを考えるように、ウィッグのヘアスタイルも作れます。
治療計画に合わせて、ウィッグのスタイルを変えていくこともできます。

スタイル・サイズを加工したウィッグを改めてご試着いただきミリ単位まで細かく確認し、髪の量や長さ・カールなどを調整していきます。

④アフターフォローはあるか?

ウィッグを購入したものの、ヘアスタイルが気に入らない・サイズが合わない・不良品だった…などの問題がある時に、きちんと対応してくれるお店で購入しましょう。
中には、販売したらそれで終わり!のお店もあるので必ず確認しましょう。

ウィッグを購入する時だけではなく、脱毛前~自毛デビューまでをサロンでサポート。
自毛に対するアドバイスも現役の美容師だからこそ。

全ての店舗でお客様が安心して医療用ウィッグをお選びいただける設備を整えました。
実物を手にとって確かめられる、その場ですぐにウィッグの加工ができる。

きめ細やかなアフターサービスをご用意。ウィッグを作ったあとも安心です。
全国約251店舗*のサロンで同様のサービスを受けられます。*2014年6月末日現在

⑤価格は適正か?

お店によって、ウィッグの仕様も価格も様々。
実際に試着をして、自分にあったウィッグを選びましょう。

【既製品】価格:数千円~
【セミオーダー】5万円~30万円
【フルオーダー】30万~100万円

人気の医療用ウィッグメーカーTOP5

ここまでウィッグの選び方やポイントを紹介しましたが、どんなメーカーがあるのかわからないという方に、人気の医療用ウィッグメーカーTOP5をまとめました。

病気の事をよく勉強していて、精神面の不安など私の事をとてもよく理解してくれました。

1 2