1. まとめトップ

世界で活躍する人の食事の共通点は「少食」と「規則性」だった

オバマ大統領、宮崎駿監督、ビルゲイツなど世界で活躍する人の食生活の共通点を紹介します。

更新日: 2015年04月22日

31 お気に入り 73813 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

meigen100さん

世界で活躍する人はどんな食事をしているのか?

宮崎駿監督は25年間同じ食事

宮崎駿が何を食べているか。25年間、変わっていないです。アルミの弁当箱を持ってくるんですよ。それで、ごはん、ぎゅうぎゅう詰めなんです。そこには、卵焼きや沢庵や、ソーセージがコロッと入っていたり、ハムや揚げ物が入る程度。それを彼はお昼になると、毎日ハシでそれをガッとふたつに分けます。こちら側がお昼で、こっちが夜、と。

1回の食事は5分程度しかかかりません。

ビルゲイツはマクドナルド

ビル・ゲイツの8000万円はアメリカの経営者としては意外と少ないのですが、他に株の配当や銀行預金の金利がありますので毎年入ってくるキャッシュは膨大です。若い時からビル・ゲイツはお金に困らない生活をしていますが、食生活はいたって質素でハンバーガーが好物です

1992年、PCウィンドウズ・ワールド・エキスポ東京が幕張であった時、ビル・ゲイツのために事務局はふだん出すお弁当の何倍もする特上のお弁当を用意しておいたのですが、会場に来る途中でマクドナルドを見つけていたビル・ゲイツはお弁当には見向きもせずハンバーガーが食べたいと要求。あわててマイクロソフト社のスタッフが買いに行きました。

ウォーレンバフェットもハンバーガー

ウォーレン・エドワード・バフェットはアメリカ合衆国の著名な投資家、経営者、資産家、慈善活動家。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。 バフェットは長期投資を基本スタイルとし、長期間に渡って高い運用成績を残している。

バフェットさんとは今回の来日で、3回ほど食事の機会がありましたが、サラダ、魚、肉と私たちが食べている料理には目もくれず、特注のハンバーガーをずっと食べていました(笑)。

オバマ大統領はライス、ブロッコリー、サーモン

オバマは夕食に毎日、サーモン、ライス、ブロッコリーという同じメニューばかり食べていた。
インディアナ州の食堂では、フライドポテトを食べたが、ハンバーガーは持ち帰った。記事にも、オバマがこのハンバーガーを自分で食べたのではないだろう

出典ニューズウィーク日本版11/19号

食事内容が決まっているだけではなく食事回数は1日1回が多い・・・

ビートたけしは1日1食

「まァオイラは自分のリズムに合うからってことで1日1食にしている……」

出典「週刊ポスト」2013年7月12日号

オイラは一日一食しか食べないよ。朝は野菜ジュースだけ

出典「週刊ポスト」2013年7月12日号

タモリ

「オレ、1日1食しか食べない」

「笑っていいとも!」通算8054回のうち欠席したのは、わずか12日。休んだ理由も船舶試験、ゴルフ中の事故など。「風邪などの体調不良で休んだことは一度もない」(テレビ局関係者)。これはスゴイ。「いいとも!」生放送でも「1日3食は食べすぎ」と断言。

出典『やってみました! 1日1食』(船瀬俊介著、三五館)

1日1食のメリットとは?

・ダイエット効果抜群
・食事の時間をほかの事に当てられる
・入眠がスムーズになる
・睡眠の質が上がり短時間で起きれる
・プチ断食効果で便通が良くなる
・内臓を休ませることで肌のツヤがよくなり美容効果がある
・油分などを欲しくなくなり、体臭などが改善される

病気に罹らなくなる

1998年に、米国バージニア州で開催された「抵齢学会」の報告によれば、通常よりも25%〜40%を制限することで、老化、肥満、ガン、糖尿病、冠状動脈疾患の予防に大きな効果があることが証明されており、少食がガン予防と治療に、極めて有効であることが立証されています。

政府や医学界が”3食キチンと食べろ”とうるさく言うのは、”キチン” と食べて、しっかりと病気になって、しっかりと稼がせてくださいというホンネが裏にあるのです。ドイツには古くから次の諺があります。1日3食のうち2食は自分のため、1食は医者のため。

出典船瀬 俊介「やってみました! 1日1食」

1 2