1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【タコベルだけじゃない!】タコス専門店が続々オープンで食べ比べたくなる!

メキシコの国民食とも言えるタコスの専門店が東京で続々オープン。気軽に食べられて栄養バランスもばっちり。大手ハンバーガーチェーンが赤字となる中、タコスの時代がすぐそこまできているようです。

更新日: 2016年10月02日

78 お気に入り 27519 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jack11sptさん

★☆★タコベルが渋谷に4/21オープン★☆★

米大手ファーストフード「タコベル」が4月21日、東京・渋谷に第1号店をオープンします。じつは日本からは一度撤退しており、約20年ぶりの“再上陸”。

ポテトもおいしそう

ガブリとかぶりつくと、シャキシャキの野菜と細かく刻まれたタコミート、そしてチェダーチーズ、トマトがボリューム満点。心地よいフレッシュなレタスの歯ごたえもあり、サクサクと食べ進めてしまえます。

なかでももっともおいしいと思ったのが、トスターダというデザートだ。トルティーヤを揚げたものにシナモンシュガーをふりかけ、さらにチョコレートかキャラメルソースをかけた一品。サクサクとした食感と、シュガーの甘さがマッチしてめちゃくちゃウマい! これはかなりクセになる。

★☆★一足先にタコリッコが赤坂に4/8オープン★☆★

アークヒルズ(港区赤坂1)に4月8日、タコス専門店「TACO RiCO(タコリッコ)」がオープンした。

メニューは、豚の肩ロース肉を使ったメキシカンタコス「カータニス(ポーク)」(2ピース=700円、3ピース=1,050円)、鶏肉のやわらわかさを引き出したというブリトー「グリルチキン」(800円)など。

何がいいって、コーントルティアなんです!
もう感動。 早速行きました。 うまい!!

スタッフの手で早朝から手作りするというメキシカンタコス

★☆★タコデリオもじわじわと人気★☆★

手作りのおいしいものを提供するというポリシーのもと、仕込にも時間をかけ、営業時もカウンターの後ろで調理仕込みしながら営業しています。定番の「タコライス」「チキンタコス」は食べる価値ありです。

とり肉とアボカド、サワークリームを自家製トルティーヤで包んだ人気NO.1タコス!

タコデリオの人気メニュー!サルサソースとひき肉、レタス、チーズをごはんにのせた一品

タコデリオの定番ナチョスはコーンチップにとろけるチーズ。お好みのサイズをチョイス。 写真

★☆★中野で有名なポカタコスも美味しそう!★☆★

「ポカタコス」は、本場メキシコのタコスにこだわって本物の「タコス」を提供している店です。はるばるメキシコから取り寄せたトルティーヤを使い「ハードタコ」と「ソフトタコ」をメニューアップ。アボカドやトマト、ソーセージなどタコスにぴったりの具材を包み込んでいます。

メキシコで主流のソフトタコ。

アメリカ式のハードタコも提供。トルティーヤを油で揚げてます。

★☆★板橋区大山のタコスマイルも気になる!★☆★

タコスマイルのタコス・タコライスはソースが選べます。
小さなお子様でも食べられるように辛くないおいしいソースもご用意しています。

”タコス”は初めてでしたが、挽肉とキャベツ、チーズがたっぷりでいける!
トルティーヤはちょっと粉っぽさのある、もちっとした弾力のある生地で濃い味の挽肉と合います。

タコスは、目の前で軽く焼いたトルティーヤ(ソフト)に、キャベツやひき肉を巻いて、お好みのソース(4種類から選ぶ)をかけてくれます。
私のお気に入りは「クリーミーナッツ」のソース。濃厚でなんとも言えないウマさです。

1 2