1. まとめトップ

あったかほっこりで免疫力アップ!知る人ぞ知る健康法、温熱療法イトオテルミーってなに?

お灸?マッサージ?火のついた線香が入った金属の棒を持ってなでることで、自然治癒力を高めるイトオテルミー。知る人ぞ知る健康法のようです。妊婦さんや赤ちゃんも大丈夫なので、取り入れている助産院も多いとか。不妊に悩む方、妊活中の方にもいいらしい。イトオテルミーについてまとめました。

更新日: 2016年11月08日

3 お気に入り 28248 view
お気に入り追加

イトオテルミーとは?

からだにぬくもりと刺激を与えることで、人間の自然治癒力に働きかけ、病気の予防、疲労回復、健康増進を図る温熱刺激療法です。

灸とマッサージを組み合わせたような療法といえます。

日本の伊藤金逸医学博士という医師が発明し、80年の歴史がある、民間療法です。
会員制で、会員にならないと器具を購入できません。
日本全国に8万人ほど会員がいます。(会員の家族も含めると、数倍の方が使っていると思われます)
基本的に、家庭健康療法なので、家族の健康に利用されている方が多いです。
家族以外の方に施術するには、『療術師』という、会の資格を取る必要があります。

どんな器具を使うの?

[テルミースコープ]
皮膚に直接触れずに施術することができる器具で、テルミー線を最大5本セットできます。(皮膚の弱い箇所や、直接触れにくい箇所に使用します。)

器具をどうやって使うの?

施術方法は「皮膚をなでるように動かす摩擦法」「指圧のように圧を加える点擦法 」「テルミースコープという器具で直接肌に触れずにあたたかさを伝える空間法」と3つあるようです。

どんな効果が?

こんな方にお勧めします。

◎ アレルギー体質を改善したい方(アトピー、花粉症等)
◎ 疲れがたまっている方、疲れがとれにくい方(疲労回復)
◎ お通じがわるい方(温熱刺激による整腸効果)
◎ 不妊でお悩みの方、妊娠中の方
◎ 冷え性,生理痛,更年期障害などでお悩みの方
◎ 頭痛,肩こり,腰痛,関節痛(リウマチ、膠原病)
◎ 一般的な外傷を早く治したい方(切り傷、火傷)

アレルギーの症状:アトピー、花粉症、ぜん息

女性の症状: 生理不順、更年期障害、不妊、妊娠中の方、産後のトラブル、乳腺炎

心が関係する症状 :うつ、不安、イライラ、食欲不振、不眠

全身の症状 :インフルエンザ、肺炎、風邪、発熱、微熱の継続、疲労感、倦怠感 、冷え、むくみ、二日酔い

頭/顔の症状 :頭痛、目の疲れ、鼻づまり、耳の痛み、 歯の痛み、唇の荒れ

喉/胸の症状: 咳、喉の痛み、胸の痛み

臓器の症状: 高血圧、糖尿病、むくみ、胃もたれ、便秘、上下腹部の痛み、下痢、肛門の痛み

首/肩/腰の症状 :ぎっくり腰、腰痛、肩こり、関節痛、リウマチ、首の痛み

手足の症状: 股関節・膝の痛み、腕や手足のしびれ、肘・手首の痛み

皮膚の症状: 蕁麻疹、手湿疹、皮膚のかゆみ、湿疹、ふきでもの、白癬菌による疾患(水虫、ガンジダ等)

外傷 :打撲、捻挫、骨折、火傷、擦り傷、切り傷

その他 赤ちゃんの夜泣き、反り返りなどの不快症状、母と子のこころとからだの問題

どこで施術を受けられるの?

イトオテルミー親友会に問い合わせると近くの療術師さんを教えてくれるそうです。
全国にいらっしゃるようです。
年配の療術師さんも多いので、ネットより早いかもしれません。

1 2