1. まとめトップ

ドローンが落下!カメラ、放射線まで検知され首相官邸は大騒ぎ。

首相官邸に落下したドローン。カメラを搭載し放射線まで検知されたドローン。目的は?そもそもドローンって何でどんなものなのかをまとめてみました。

更新日: 2015年04月22日

0 お気に入り 616 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

miraikenjiさん

発見されたドローンは直径約50センチで、カメラ付き。発煙筒のようなものを搭載していたとの情報もあり、テロ事件の可能性も指摘されています。

そもそもドローンとは何か?

「軍事兵器」に転用の恐れも

ドローンの重量は各社の製品によってまちまちですが、1キログラム程度のものから大型では10キロに達するものもあり、人の頭上に落下すると危険です。数キロの荷物を搭載して運べる機種もあり、爆薬や化学物質などを積んで攻撃目標まで正確に遠隔操作できる「軍事兵器」に転用される危険性も指摘されています。

あまりの普及の早さに「法律が追いついてない」状態にあるという。

22日午前10時50分ごろ、東京都千代田区の首相官邸の屋上に小型無人飛行機( ドローン)が落ちている、と官邸職員から警視庁に通報があった。警視庁によると、 ドローンは直径約50センチで、小型カメラなどが装着されていたほか、放射能 ...

無人で飛行するドローン。

米国ではすでに規制案

ネット通販大手のアマゾンがドローンによる宅配構想を発表するなど、「ドローン先進国」の米国では、どんな規制状況なのでしょうか。米国では連邦航空局(FAA)が規制法案を検討しており、それによると「操縦者は17歳以上で、航空知識テストに合格すること」「操縦者の視界内で飛行すること」「高度は500フィート(約152メートル)以内」などの規制が検討されています。

1