負担の上限額は年齢や収入で異なる。

出典1月からの高額療養費 年収200万~300万層の負担軽減(2/5ページ) - 産経ニュース

年齢は「70歳未満」と「70歳以上」の2つに分けられ、後者はより負担が小さくなります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

意外と知らない?医療費が戻ってくる「高額療養費制度」

健康保険には、医療費が高額になった場合に自己負担を一定額に抑える「高額療養費制度」という制度が存在します。医療費の自己負担が大幅に軽減される、非常に頼りになる制度ですが、この制度自体知らないという人もけっこう多いそう。民間の医療保険に加入する際も、この制度を考慮したうえで判断したいところです。

このまとめを見る