出典 www.tokyokoukenpo.or.jp

100万円の治療費がかかった場合、あとで払い戻されるとはいえ、とりあえずは3割負担分の30万円を支払う必要があります。
しかし、限度額適用認定証を申請しておけば、その場で自己負担額(9万円)だけ払えばOKに。

この情報が含まれているまとめはこちら

意外と知らない?医療費が戻ってくる「高額療養費制度」

健康保険には、医療費が高額になった場合に自己負担を一定額に抑える「高額療養費制度」という制度が存在します。医療費の自己負担が大幅に軽減される、非常に頼りになる制度ですが、この制度自体知らないという人もけっこう多いそう。民間の医療保険に加入する際も、この制度を考慮したうえで判断したいところです。

このまとめを見る