1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

無駄な出費を抑える!ストッキングを長持ちさせるコツ

買ったばかりなのにすぐに破れてしまったという経験も多いストッキング!なるべく伝線などは防ぎ長く使い続けたいものです。そこでストッキングを破れにくくするコツをまとめました!

更新日: 2017年03月04日

823 お気に入り 219951 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ひびきすさん

ストッキングの弱点

特におろしたてのストッキングが伝線しちゃったり、ちょっと凝ってて高かったストッキングなど、一回で履けなくなってしまうと悲しいですよね。

伝線しやすいものはどうしても使い捨て感覚になりがちですが、少し気を付けるだけで長く使えるようになります。

冷凍庫で凍らせる!

まずは新品のストッキング(パッケージから取り出していない状態)をを冷凍庫に入れてみましょう。

冷凍庫で冷やすことによって、ストッキングのナイロンの糸が縮んで密度が濃くなり伝染しにくくなるんです。

手をつるつるにする!

手の爪が伸びていることで、履くときにひっかけてしまうと悲しいので、手もきれいにしておきましょう。

手にハンドクリームを塗って保湿をするときには必ず爪にもクリームをしっかり塗って爪の潤いを保つようにします。

乾燥による爪の割れやささくれを防ぐので爪でひっかけてしまう可能性がグーンと低くなります。

もちろん足、足の爪の手入れは重要!

足の皮膚がザラザラあるいはカサカサしすぎていると、履くときにストッキングがどこかに引っかかり、伝線してダメにしてしまいがち

爪が長く伸びすぎていたり、切りっぱなしで鋭くなっていると、引っかかって伝線するもとになってしまいます。

特にかかとは固くなりやすく、カサつきやすいのでていねいにケアをしてあげましょう。

洗濯の仕方を気を付ける!

タイツを長持ちさせる洗い方は、やっぱり手洗いが一番でしょう。

手洗いする時間がない!という方は、ネットに入れて「手洗いコース」(洗濯機によってコースの名前が異なる場合があります)で洗濯します。

ストッキングを洗濯するときは、手洗い・洗濯機利用、いずれの場合も洗剤は「手洗い用」や、「ファンデーション専用」 のものを選ぶと、痛みにくくなります。

マニキュアの力を借りる!

つま先やかかとなど、いつも破れてしまうパーツがある!という人はその破れやすいパーツにあらかじめ透明マニキュア(orトップコート)を塗っておくと破れにくくなります♪

つま先の辺りが伝線し易い人は事前にタイツを裏返して、伝線しやすい所をマニキュアで補強しておくと伝線が起こりにくくなります。

1 2