1. まとめトップ

先行者利益とは、市場にいち早く参入するなど、既に先にいる者たちが得られるメリットのこと

例えば新規市場に対していち早く参入したりすれば、後発の者達に比べ、多くの利益を手にすることができます。

同義語➡先発優位

先発優位とは、競争相手よりも市場に早く参入することで得られるメリットのこと。

競合他社よりも、いち早く新しい市場に参入したり、新製品を市場に導入することで、企業は多くの利益を手にすることができます。
例えば、以下の様に。

消費者心理に「参入障壁」を形成できる(その製品のパイオニアとしてブランドイメージを構築できる)
経験曲線の効果を得ることができる
比較的高い価格で販売することができる
製品の規格を決定しやすくなる
希少な資源(人材、立地など)を先取りできる
この様な結果、競合他社に対して優位性を持つことができます。これをを「先発優位」と言います。「ファースト・ムーバーズ・アドバンテージ」や「先行者利益」は、これとほぼ同じ意味です。

一般的に先発は優位ですが、パイオニアとしてそれなりのリスクも背負います。その点で言えば、後発組みが有利な場面もあるわけで、これを後発優位と言います。

WEBマーケティングにおいて先行者利益ほど強力なものはありません。先行者利益が狙えるのなら、本気で取組む価値は大きいでしょう。

早い者勝ち×やったもの勝ち

後からどれだけ質の高いものを世の中に出しても2番手、3番手に違いはなく、けっして1番最初の恩恵を奪う事はできません。

消費者に最初に植え付けられたブランド意識を奪うのは容易な事ではありません。「◯◯さんに似てる」「◯◯さんもやってる」と比較対象がある時点でマインドシェアは奪われています。

だからこそ、他社よりも1日でも先に施策を動かし始めなければならないのです。1日でも速くマーケットシェアを取りに行かなければならないのです。

チャンスがあるなら考える前に行動に移そう

もし他社がFacebookを活用していないのなら、今すぐにFacebookページを作ってコンテンツを作り始めなければいけません。

施策は思いついていたけど、他に先を越されて「自分もやろうと思ってたんだよ」となんとかの遠吠えにならないようにしましょうね。

ウェブの世界では、「先行者利益を獲得して、そのまま独走」といったパターンで勝利を勝ち取ったサービスが多く見られるのだ。

取材され記事に成りやすいいのも、「業界初」などのキーワードがある場合が、圧倒的に高くなっています。

先行者の良い部分としては
市場が魅力的でライバルが増えても
そのころには一定の利益を取っているし、
その段階で市場での経験が他者より多いので
その後も勝ち続けられる可能性があります。

逆に未開拓市場なので、
うまくいく保証がないのと、
誰も歩んだことがない道なので
先人に学ぶは出来ないので
自分たちで切り拓いていかないといけないのです。
その分楽しさもあるかもしれませんが。

常に新しいセンスで生まれ変わる意志さえ変わらなければ、常に先行者利益を得れる。

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」とダーウィンは言った。

1