仏 ル・モンド紙記事:仏アレバ社が危機になった理由。①アメリカのガスの出現によりアメリカで原子力はやめてしまった事。③福島原発事故。さらにそれによる新型原発の安全対策費の高騰。 lemonde.fr/economie/visue…

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

仏の原子力企業アレバ4期連続赤字

福島第1原発で11年6月に運転を開始した仏アレバ社製の汚染水処理装置だが、トラブル続きで14年の夏に廃止。東電は、この装置にかかった費用は明らかにしていない。14年通期決算は、最終損益が48億ユーロ(約6400億円)、フランスの国策事業だが、黒字化はむりでしょう。

このまとめを見る