1. まとめトップ
  2. おもしろ

音声入力の誤認識で「殺しますよ」と表示される放送事故!どうしてこうなった・・w

女性アナがアップルウォッチに向かって音声入力をすると、「殺しますよ今どこにいるんですか」の表示が。。

更新日: 2015年04月26日

66 お気に入り 218696 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hakyunaさん

▼ それはTBS系の「ゴゴスマ」で起こった・・

24日放送の「ゴゴスマ」(TBS系)で、アップルの新製品「アップルウォッチ」の音声入力操作で、まさかの誤認識が起きる一幕があった。

操作の実演で古川枝里子アナが、「ここのマイクのところを押しますよ」「今どこにいるんですか?」と音声入力

アップルウォッチの画面に「殺しますよ今どこにいるんですか」と表示され、誤認識で信じがたい文面が現れた

音声入力、放送事故w こうしますよ 今どこにいるんですか? #ゴゴスマ こうしますよ が変に変換された… pic.twitter.com/9VceEkRT6z

出演者が騒然とする中、石井亮次アナウンサーが「ヘンなのでましたけど?」とツッコミを入れた。どうやら、古川アナの「…ところを押しますよ」という発言を、アップルウォッチは「殺しますよ」と誤認識してしまったようだ。

▼ クスッとくる「音声入力の誤認識」をあつめてみた

・ただいま ⇒ ダライ・ラマ

音声入力でただいまって言ったのにダライ・ラマになるの本当ムリ

・タイマーを6分にセットして ⇒ 大麻を6時にセットして

Google 音声入力で遊び半分で「タイマーを6分にセットして」と行った結果。これあかんやつww pic.twitter.com/N6xKftLRYy

・in the same way ⇒ インド水691

google翻訳で、一々英語入力すんの面倒だから音声入力しようと思って、自分なりに上手な発音で"in the same way"って言ったんだけど、入力結果がかすりもしなかった…\(^o^)/ pic.twitter.com/dPnL655uol

・LINE起動 ⇒ アイン来院

音声認識で『LINE起動』って言ってみた結果予想外の間違いをされた。 pic.twitter.com/Cw8kyqNMTr

▼ 音声認識の仕組みとは

音声認識とは、人間の声などをコンピューターに認識させることであり、話し言葉を文字列に変換したり、あるいは音声の特徴をとらえて声を出している人を識別する機能を指す。

話す人の性別、話し方の癖、言葉遣いなど様々な要因で、同じ内容の声でも様相は大きく異なるため、コンピューターにとって、音声を正しく認識することは簡単なことではありません。

音声認識を行うためには、「音響モデル」と「認識辞書」が必要です。音響モデルには、人間の発声の小さな単位(音素)の音響特徴が記述されており、認識辞書には音声認識させることばが記述されています。

音声認識システムの研究開発にはコンピュータが普及しだした1970年代から21世紀初頭の現在まで、長年にわたって莫大な資金と優秀な人材が投入されてきた

音声認識で書き込んでいます 一番ミスな姿勢を出てますかね これがあればキーボードなんかいらないよね マジ便利 これ超マジ便利 まじで便利

▼ 覚えておきたい”誤認識”を防ぐ方法

・言葉自体を間違って覚えている

言葉自体が思い込みや間違いなどで、違った言葉になっている為に誤認識されてしまう場合があります。たとえば、「シミュレーション」ですがこれを「シュミレーション」と発音すると検索結果が違ってきてしまいます。

1 2