1. まとめトップ

ランチのアッコちゃん 最終回まで!NHKドラマのあらすじネタバレ・結末・感想・キャスト

NHKドラマ、ランチのアッコちゃんを最終回までナビ。あらすじネタバレ・結末・感想・原作・キャスト出演者:蓮佛美沙子/戸田菜穂/野呂佳代/成田凌/堀内敬子/駿河太郎/浜野謙太/野中隆光/真野恵里菜/鶴見辰吾/田山涼成

更新日: 2015年06月07日

4 お気に入り 20617 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tvドラマさん

■ランチのアッコちゃんあらすじ5話と感想

三智子(蓮佛美沙子)は、敦子(戸田菜穂)が営むポトフの移動販売を手伝い、深夜の病院へ。
同い年の看護師・我孫子(朝倉あき)のてきぱきとした仕事ぶりを見て、落ち込む。
翌日、残業をした三智子は、夜食のカップスープを主任の公子(堀内敬子)に手渡したことから、彼女の意外な内面を知る。一方、スムージー販売を始めたちひろ(野呂佳代)はミスで果物の大量在庫を抱え…。

注)感想は5話放送終了後に追加予定。

■ランチのアッコちゃんあらすじ4話と感想

第4営業部は解体され、三智子(蓮佛美沙子)は第2営業部に。
敦子(戸田菜穂)は会社を辞めて姿を消す。
ある日、第2営業部主任・公子(堀内敬子)が、バレンタインに男性社員にチョコレートを贈る習慣を廃止しようと提案。
賛成する正社員と、反対する派遣社員とで大きく対立し、三智子は困惑する。
そんな中、三智子は「東京ポトフ」と書かれたワゴン車の中に敦子の姿を見つける。

アッコちゃんの予告に朝倉あきちゃんの姿が!!女優さん復活してる!

@asako0807 くくく…!先ほど我が家ではランチのアッコちゃんをみていて「この子、誰だっけ、ほら仏教っぽい名前の!」「念仏…?」「近い!」みたいな会話がありました(ええ、蓮佛美沙子さんです)。カバディで一回落ち着いたけどいや待てっていうノリツッコミが最高!(笑)

『ランチのアッコちゃん』初めて見た。TNGパトレイバーと見事にキャストがかぶっていてちょっと楽しかった。特車二課の食事情と違ってかなり優雅なランチだったけど。

ランチのアッコちゃん 本屋さんで 気になってたけど 読んでなかった。 ドラマ観たら いいストーリーで 原作も読んでみようかな って思いながら寝よう(-_ゞゴシゴシ

20年に一人の逸材

BSプレミアムで放映中の『ランチのアッコちゃん』毎週楽しみにしているんだが主演の蓮佛美沙子さんは控え目な印象ながらも存在感抜群で演技力もあってすっかりファンになってしまった。Wikiによると大林監督に「20年に一人の逸材」と言われたらしい。『この空の花 長岡花火物語』に出てたのね

特車二課から集団就職

『ランチのアッコちゃん』 まるで特車二課から集団就職したかの様でしたね。 pic.twitter.com/l4JzVRBp84

ランチのアッコちゃんの言葉。結構深い。ここでやれない人はやれない。やれる人はどこでもやれる。キツいけどそうかもね…

ランチのアッコちゃんに出てる蓮佛さんの幸薄い感じが堪らんなぁ…

断然オトコマエに見えた

ランチのアッコちゃん、今週も面白かった。女が多い職場、めんどくさいなー。アッコちゃんが断然オトコマエに見えた。

■ランチのアッコちゃんあらすじ3話と感想

三智子(蓮佛美沙子)は会社が倒産寸前だという噂を聞く。
その日はランチ取り換えの最終日。
敦子(戸田菜穂)からカレー店「ビスマルク」に行くよう指示された三智子は、マスター(駿河太郎)の外出の間、店番を。
途中、カレーが足りなくなるが、井川(田山涼成)の言葉を思い出し、切り抜ける。
その一方、三智子はなじみの古書店の店員・笹山(成田凌)と親しくなり充実感を覚える。

ランチのアッコちゃん、今週も面白かった。来週から堀内敬子が出るのも楽しみ♪しかし、カレーは美味しそうだったなー。

ランチのアッコちゃん 面白いよなぁ なんだか ごちそうさんの時の感覚も似てる? うーん違うか? でも味があって面白い 早く地上波でしてくれたら ドラマ好きの同僚も見れるのに〜 #nhk ドラマ

書店ガールの千葉くんもステキな文学青年だけど、ランチのアッコちゃんの成田さんもステキ〜〜☺️☺️

ランチのアッコちゃん、予告に真野ちゃん来た!ちょっと生意気そうな派遣OL?

女の友情モノだったのね

ドラマ『ランチのアッコちゃん』、最初はわりと流し見だったけど今週は新展開で面白かったなあ。女の友情モノだったのね。柚木さん原作のこの時間帯(曜日は違うけど)のドラマ、『嘆きの美女』も楽しかった。

戸田菜穂のツンデレを味わうドラマ

ランチのアッコちゃん、戸田菜穂のツンデレを味わうドラマだった(結局見た)

独特の空気感があって、なんか違うなぁ ランチのアッコちゃん 深く考えなくても見られるつうところもええんかもしれぬ

1 2 3