1. まとめトップ

【現地画像】ネパールでM7.8の大地震 カトマンズなど現地の被害まとめ 4/25 #地震

7.5が7.9に修正されました→M7.8に報道が変更されました

更新日: 2015年04月28日

10 お気に入り 281552 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

死者4000人超える

ネパールで25日に発生した大地震の犠牲者は、これまでに4000人を超え、生存率が急激に下がるとされる72時間、丸3日が迫るなか、懸命の救助活動が続いています。一方、日本の国際緊急援助隊は、現地の空港が混み合い航空機の着陸の許可が下りなかったため、バンコクに引き返すなど、支援の受け入れで混乱も出ています。

日本時間25日午後、ネパール中部で発生したマグニチュード7.8の大地震でネパールでは、多くの住宅などが倒壊し、現地の警察によりますと、これまでに3904人の死亡が確認され7000人以上がけがをしました。
この地震で、外国人を含む多くの登山者が訪れていたエベレスト周辺で雪崩が起き、日本人の男女2人がベースキャンプの近くで雪崩に巻き込まれ、男性が死亡し、女性がけがをしました。
また、被害は周辺国にも広がっていて、インドで72人、中国のチベット自治区で25人、バングラデシュで2人が死亡しています。

ネパールの首都カトマンズでは、外国の救助隊が活動を始めていて、生存率が急激に下がるとされる72時間、丸3日が迫るなか、倒壊した建物の中に閉じ込められた人たちの懸命の救助活動が続けられています。このうち、カトマンズ北西部にあるバスターミナルの周辺では、多くの小規模なホテルが崩れ、27日からトルコと中国の救助隊も加わって日没後も照明をつけながら、夜を徹して救助活動を行っていました。

一方、日本の国際緊急援助隊は、27日午後現地入りする予定でしたが、空港が混み合い、旅客機の着陸の許可が下りなかったため、経由地だったバンコクに引き返し、28日改めてカトマンズ入りを目指すことにしています。また、支援物資を積んだインド軍の輸送機も現地の空港の混雑で、インドに引き返したほか、外国の救助隊の活動場所の調整など支援の受け入れで混乱も出ています。

速報:ネパールの内務省当局者は、同国の地震による死者は777人になったと明らかにした。 bit.ly/17n4iz

野口健さんとなすびさんがヒマラヤに登頂中

天候次第ですが、明後日には峠越えをしエベレスト方面へ。エベレストのBCを目指します。峠越えはなかなかルートも長く標高もあるので天候が安定してくれることを祈るばかり。
ではでは、またどこからかアップします。
2015年4月23日 ゴーキョ村にて 野口健

本日、ネパールにて大きな地震がありました。ネパール国内にて甚大な被害が出ているようです。犠牲になられた方々のご冥福をお祈り致します。野口ですが、先ほど、無事が確認できました。ポルテ村にいるのですが、家々は壊れ、余震も続いているようです。 野口健事務所

ゴーキョピークに登頂しました。ブログアップしていますので、ぜひ、ご覧ください。 noguchi-ken.com/M/2015/04/post… 野口健事務所

現在、ネパールにいるなすびですが ベースキャンプにて 隊員全て無事であるとの確認は取れました また何かわかり次第 こちらにも報告させて頂きます。 この他のことはまだ何もわかっておりません fb.me/25cUI2VJS

首都カトマンズの観光名所ダラハラタワー(ビムセンタワー)が倒壊

At least 50 people trapped in Kathmandu's 19th century tower damaged by quake - Nepal media

ネパールの地震で、カトマンズにある19世紀に建てたビムセンタワーが倒壊、50人ほどが生き埋めになっている恐れとの報道

パタン旧王宮広場

Everest base camp huge earthquaqe then huge avalanche from pumori.Running for life from my tent. Unhurt. Many many people up the mountain.

エベレストのベースキャンプテントからの人生のためにpumori.Runningから巨大なearthquaqeその後巨大な雪崩

1 2 3 4 5