ロサンゼルスで5時間後に結婚式なのに花ムコの友だちからの電話は「もうダメだ」という。

2日前、教師フィルと歯科医スチュの2人は、結婚を間近に控えた親友ダグのために、「シン・シティ」ラスベガスでのバチェラー・パーティーを企画していた。勇んでダグと合流した2人だったが、ダグが連れてきた彼の婚約者の弟アランは酒とギャンブルが禁止のグレムリンみたいな明らかな変人だった。一抹の不安混じりでベンツでラスベガスに到着するも、ホテルではフィルとスチュが身銭を切って最高級のスイートを取り、旅を盛り上げる。立ち入り禁止の屋上へ出て、アランが酒で祝杯を上げ、ナイフで血を出し「血の仲間」だという。4人は夜のベガスに臨む。

翌朝、スイートの床で目覚めたスチュは、なぜかニワトリが闊歩する荒れ果てた室内に唖然とする。ハングオーバーであちこち痛み、おまけに「上顎側切歯」を1本なくしていた。アランはトイレでトラに遭遇。クローゼットには見覚えのない赤ん坊。昨夜の記憶は誰にもなかった。花ムコの姿も見当たらない。3人は消えたダグと記憶を求めて、腕章を手がかりに、ホテルを出ようとすると、ホテルマンがなぜかパトカーを持ってくる。病院で事情を聞いて「結婚したと話していた」という教会に向かう。ステュの電撃結婚が判明。相手のジェイドのアパートを訪ね、赤ん坊を返す。彼女はストリッパーだという。アパートに飛びこんで来た警官に逮捕されるが、保釈の条件として子どもたちのスタンガン講習に実験台になる。取り戻したベンツのトランクから全裸の東洋人が飛び出し、めった打ちに遭う。ただ、原因がクスリと分かる。ホテルに戻ると部屋に元世界チャンピオンのマイク・タイソン。トラはタイソン邸から盗んだものだった。何とか暴れるトラを返す。帰りに昼間の東洋人レスリー・チャウが率いる集団に襲われ、昨夜カジノでフィルたちが間違えて持ち帰ったカバンに8万ドルの現金があったはずだという。現金と引き換えにダグを返すと言われ、アランが考えたイカサマ・ブラックジャックで8万ドルを稼ぐ。約束の場所へ行くと売人の黒人ダグを渡される。ヒントをつかんでダグを探しに意外なところへ向かう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【最高に面白い映画】ハングオーバーシリーズ!

【最高に面白い映画】ハングオーバーシリーズ!、最高に面白く最高に下品な映画です。死ぬまでに観たい映画1001本にも選ばれています。

このまとめを見る