1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

クリーヴランドやデトロイトのようなアメリカの大都市にいる子供たちの半分以上が、貧困の中で暮らしているのでしょうか?

は世界最大の経済大国である」と(政府が)言うなら、なぜアメリカの子供の4人の1人がフード・スタンプに頼って暮らしているのでしょうか。

今夜も、何百万もの大切なアメリカの子供たちが、夕食を取らずに、そのまま眠るのです。

合衆国において、貧困の中に暮らす子供の割合は、2006年では16.9%でしたが、2010年には22%に増えています

海外から日本にやって来た人々が、なぜ日本の良さを語りたがるのかが理解できるような気がします。

出典 https://www.youtube.com

気候も温暖で、人々の心も開放的で余裕に満ちているはずの西海岸。ホームレスにも優しいのかと思いきや……。助けてくれる人はなく、路傍に立ち尽くす子供の姿があるばかりです。

1時から5時までの間にこの子供に話しかけてきたのは、たったの1人だけでした。

女性「ストリートには290万人の物乞いがいるのよ」

彼は、明らかに彼女の言葉に不快感を表します。

ユ「290万人の物乞いがいても、子供がお金を乞う姿を見たことがありますか?」

それでも女性の無関心さは変わりません。

女性「子供の物乞いも大勢いるわ」

ユ「これまで、一度として子供の物乞いを見たことはありませんよ。ルイビトンやメイシーのバックを持っているような人が、(お金を恵んで欲しいと少女に言われても)お金など持っていないと言うのですよ」

しかし、終始女性はユーセフさんに賛同することはありませんでした。女性との討論もほどほどに、ユーセフさんはカメラを自信の顔に向けると語り始めます。

ユ「今、女性と論じていた事こそが、我々が変えて行かなければならないことなんです」と。

1