1. まとめトップ

【飛蚊症】謎の糸くずが見えたら目の病気かも!?

視界でモニョモニョしてるやつが見える方っています? 僕も見えるんですよ、コレ。飛蚊症(ひぶんしょう)というんだそうですよ。これって病気なの?!

更新日: 2017年09月17日

Mark818さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 17232 view
お気に入り追加

ボケーッとしてると空気中にミジンコ見たいのが見える現象

ブログ「まめきちまめこの日常」より。

コチラの画像と共に、こんな文章↓

ちなみにこれ「飛蚊症」って言う病気らしい
この能力使える奴...他にいる?(得意げ)

出典:http://mamekichimameko.blog.fc2.com/blog-entry-77.html

Twitterでも、同じ症状の人が続々

これ、私も見える。子供の頃は空気中の細菌が見えるんだと思ってたけど、大人になってからは「眼球の毛細血管が網膜に写って見える現象」なんだと思ってた。 って、これ、みんなは見えないの?! まじ?! pic.twitter.com/M4gzpbxE1M

視界でモニョモニョしてるやつ飛蚊症っていうんだー知らなかった〜

空気中に浮かぶ細菌みたいなやつ。これめっちゃ見えるよね buff.ly/1FnyORF 「飛蚊症」って、これのことだったのか・・・!「飛ぶ」「蚊」って書くのが、またなんとも漢字の美学を感じる。笑 pic.twitter.com/8nWJziSUSa

幻覚も飛蚊症もじゃま壁とか天井が白いからちっこい虫がうじゃうじゃして見えて気持ち悪い

わたしの体験した飛蚊症は、黒い細長いものが目の前をばーって落ちていきました。何本も。白い縁取りで。きもちわるかったー pic.twitter.com/DsUvhyaGC3

飛蚊症って?:昔20代だった頃に同僚が「飛蚊症になったので仕事を休みます」と、その時に初めて知った病気。視界に何もないのに糸くずや蚊が飛んでいるように見える目の病気。症状を聞いてみると私も経験あった。誰でも起こりうる病気なので知識を身に着けておくといいでしょう。

飛蚊症(ひぶんしょう)とは

飛蚊症になると、目の前を小さな「浮遊物」が飛んでいるように見えます。形状は糸状だったり、小さな粒や丸い輪、また、半透明の場合もあります。

「邪魔だな」と思って視線を変えても、浮遊物は一緒に移動してきます。目をこすっても変化がなく、一向に消えてくれません。

とくに明るい場所ではっきりと見え、気になって仕方ありません。 こうした目のトラブルを「飛蚊症」といいます。

現在、治療法がない”生理的 飛蚊症”

飛蚊症になり、眼科に行って様々な検査・診断をすると、

”生理的飛蚊症”

と言われることがあります。

しかし、多くの医師は、

「老化やストレスなどによるものですから気にしないで」

と伝えます。

そう言われても、目の前に常に浮遊するゴミは気になります。
それに、仮にも「飛蚊症」という”症状”なのですからなおさらです。

しかし現在、飛蚊症には治療方法が確立されていないため、医師といえど治療をするということはありません。

”生理的 飛蚊症” 原因は

目は外から入った光を 「網膜」 に写して映像を結びます。
しかしこの時、有害な紫外線を同時に浴びることになります。

この紫外線が網膜を通して目に入ると、硝子体中に【活性酸素】が発生し、 その結果たんぱく質や脂質が酸化されてしまいます。

やがて硝子体の組織を変質させ、飛蚊症が生じるのです。

若い時や体の免疫機能が正常であれば、目に発生した 「活性酸素」 をすぐに分解する「酵素」が分泌されるので、硝子体の組織の酸化を抑え、飛蚊症を防いでくれます。

しかし年をとるごとに、この「酵素」の分泌が減少するため、組織の酸化を抑えきれず、その結果 飛蚊症となります。


最近では、生活環境の変化で若い方でも「酵素」の分泌が減少し、飛蚊症になる方が急増しています。

これらは”生理的飛蚊症”と呼ばれ、飛蚊症の中で最も多い原因となっています。

更に詳しい情報はこちらから

このほか、眼病(後部硝子体剥離)が原因の飛蚊症というのもあるそうです。気になる方は是非、最寄の眼科さんにご相談なさってください。

関連情報

1 2





Mark818さん

気になることをまとめまくりたい。