1. まとめトップ

IKEAを使いこなす最高の手順

IKEAに行きたいけどちょっと不安。そんな方必見のまとめを作りました。他のまとめにはない購入のコツや買い方のHow Toまで説明しています。

更新日: 2015年05月28日

68 お気に入り 148786 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chichi88さん

IKEAって買い方複雑…。

IKEAで困ったこと
①スタッフが近くにいなくて買い方がわからない
②配送などのサービスが思ってたより高い
③家具を運ぶのが重くて大変

IKEAの魅力は、何といっても低価格

今日初めてIKEA行ったんだけど本当安いのね。組立の手間あってもあの値段なら全然いいなーと思ったーかわいいのも多くて見てて大変楽しかった

IKEAでは、他社では当たり前のようにスタッフがやる作業も客がやります。接客にかかるコストを大幅に削減し商品を安く販売しています。

IKEAの他とは違うとこ

①何でも自分(客)で。
→商品価格を抑えるため
②サービスが有料で割高
→逆に言えば商品に無駄なサービス料が入っていません
→利益で「配送無料」を掲げる競合よりよっぽど正当です
③買ったその日に使える。
→これは競合他社にない大きな強みです
④デザインが充実
→良いか悪いかは別として、日本人とは別の感覚を持ったデザイン家具もあります。

買い方がよくわからん

すごく広いという事なので、ちゃんと買い物が出来るのか、とても不安です。 当方、IKEAから遠い所に住んでいる為、頻繁には行けません。

もっと便利な買い方があるのかな?と思うのですが
IKEA初心者としてはよくわかりません。

もってかえって自分で組み立てなくちゃならないの?
もし業者さんの方でやってもらうなら、
別途お金がかかるの?
スタッフがその辺にいないからどこにいって聞けば良いのかわからない。

IKEAの家具の買い方を教えてください。

行く前から不安になりますよね。

まずは基本の買い方です

IKEAの商品にはざっくりと大きく分けて2種類です。
①家具(ソファ・テーブル・机・ベッド…etc)
②雑貨(食器・照明・カーテン・額縁…etc)

【買い物順路】
入口
→ショールーム
→マーケットホール(雑貨売り場)
→セルフサービスエリア(家具の在庫倉庫)
→レジ(→配送カウンター)
→出口

①家具を買う場合のコツ

【ステップ】
①-1 下見やカタログでほしい家具をチェックする
①-2 自宅から在庫確認
①-3 いざ購入
①-4 自分でとるのがめんどくさいときは
①-5 持って帰って組立
①-6 自分で組み立てる自信がない

①-1 下見やカタログでほしい家具をチェックする

できる方は、1回下見に行きましょう。できない方は、HPやカタログを見て何が欲しいのかをある程度チェックしておきます。
家のスペースと商品をメジャーで測って比較しましょう。

【下見・チェックをする理由】
1.購入をスムーズにするために
商品情報をメモしましょう。後ほど詳しく紹介しますが、タグの情報を残しておけば購入が楽になります。(①-3参照)

2.パッケージが車に乗るのか(そもそも家に搬入できるのか)
配送になるなら、自宅までの配送料金をスタッフに見積もってもらいましょう。

3.どの程度の量の購入を考えているのか
家具のピックアップはセルフサービスです。体力に自信がない場合や、大量購入する場合はピックアップ代行サービスを検討しましょう。

基本的に自分たちで行うピッキング作業をスタッフが代行して家まで配送してくれるサービスです。代行手数料\2,990+配送料金がかかります。
後ほど詳しく説明します。(①-4参照)

【ほしい商品がみつかったら】
合計金額を算出します。あまりにも多い場合は、スタッフに言えば見積書を出してくれます。また、配送料金や必要であれば組立料金(①-6参照)も聞いておきましょう。

①-2 自宅から在庫確認

ある程度購入したい商品が決まったら、IKEAの公式HPで在庫確認をしましょう。

商品がないときに行っても、予約や取り寄せはできません。理由としては、海外生産、船便輸送なので確保できる保証がないことや、配送管理等のコストが莫大でそもそも商品価格とのバランスが取れないなどが予想できます。

①-3 いざ購入

家具が並んでいるだけでなく、ルームセットがたくさんあり、いろんなアイデアが詰まっています。

1 2 3