演技指導の滝沢充子によると、その発言をしたのは能年が演技レッスンを開始した頃であり、中学卒業を期にした上京と共にレッスンを何度も見学をするも、モデルを目指していたので女優になる決心が出来ずに居たが、ある時ふいに芝居の面白さに目覚めたという。当時の能年は台詞覚えもよく本番ではしっかり出来るものの、稽古中にあまりにも悩み、できない時があまりに極端だったため前述の「生ゴミ」発言をしたと語る。

出典能年玲奈 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

能年玲奈に洗脳騒動?!“手つなぎデート”してたお相手のオバサンは誰?!

『三毛&カリントウ』という不思議な社名。「Jメソード」「魅力開発トレーナー」なんかヤバそうな臭いがします。

このまとめを見る