・タネ銭がなければ、事業を始めることができない
・キャッシュフローが安定するまでの食いぶちとしてのお金が要る
・創業融資を調達する際に自己資金額が審査に影響する

出典事業をすぐにでも始めたいが自己資金がない | 起業・会社設立の悩みを質問するなら起業Q&Aへ。起業支援総合ポータルサイト「ドリームゲート」

起業を決意した時点で生活を切り詰め、なるべく多くの自己資金を貯めるようにしましょう。その際に気を付けたいのは、貯金の方法です。できるだけ、定期積金、定期預金など安全で換金性の高い手段で貯金するようにしてください。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

1~2年後、会社を設立するなら知っておきたい起業準備中に気をつけたい7つのこと

初めての起業・独立には不安がつきもの。起業・独立の準備など、起業準備中に気をつけておきたいことを分かりやすくまとめてみました。

このまとめを見る