サンダンスのみならず、この映画に賞を与えた総ての審査員が受けたであろうカタルシスを、ワタシは安っぽくて邪悪だと感じます。SNS時代のカタルシスと言いましょうか。あくまでワタシにとって、ですが、「嫌な感じの欲求不満」「興奮ではなく、萌え」といった感じです。「萌え」が悪いと言っているのではありません。「萌え」が「カタルシス」の代替物であっては、セコくて気持ち悪いだけです。萌えは独立していれば立派な文化です。白人のハラスメント萌えなんかごめんだね。といった感じです。
 ワタシは、この映画を、世界中のジャズドラマーに必ず観て頂きたい。そして、侮辱された屈辱から一斉にスクリーンにアンチのテレパシーを送るべきです。そして、そのまま「バードマン」を必ず観て頂きたい。そして、大いなるインスピレーションと、ジャズドラマーである誇り、リズムという神の言葉に改めて耳を澄ます敬虔さによって、大いなる生命力を取り戻して下さい。今年のアカデミー賞最優秀作品賞のミニーは、ジャズドラマーを踏みつけ、そして蘇生させる2作品が並んでいます。

出典<ビュロ菊だより>号外『第87回アカデミー賞直前予想(「直前」はギリ挫折)』:ビュロ菊だより:ビュロー菊地チャンネル(菊地成孔) - ニコニコチャンネル:音楽

"セッション" 項 参照 (ページ検索推奨)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【詳細まとめ】映画「セッション」論争『菊地成孔vs町山智浩』 #tama954 #denpa954

2015年 第87回 アカデミー賞「編集賞」「録音賞」「助演男優賞」受賞映画「セッション」についてジャズミュージシャンの菊地成孔さんが長文酷評を公開。映画評論家の町山智浩さんがそれを批判しYahoo!ニューストップに掲載され炎上!時系列で本人同士のブログをソースの軸にして経緯を詳細にまとめました。

このまとめを見る