1. まとめトップ

子ども会などで宝探しを企画するときにみてほしいまとめ!

子ども会や林間学校などお楽しみ会などでも使える宝探し!いざやってみよう!ってなると悩むことも多いはず。でもルールをしっかり決めれば大丈夫!ぜひこれを見ながらオリジナルルールを決めてやってみてね!

更新日: 2015年11月16日

1 お気に入り 18879 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

xpxaxnさん

泊まりの研修などで宝探しを行うときは?

屋外でやることもありますが、今回は室内で行うものをご紹介します。

地域の自然の家やコミュニティーセンターなどで行う場合は、下見などし当日に備えましょう。
当日施設を利用される方がいないかどうか確認しましょう。
いる場合は迷惑がかからないように配慮しましょう。

ビーバー隊 : 2015年5月17日(日) 宝探しと野外料理(ビーバー隊)を公開しました。 ift.tt/1FrGiVi

準備は念入りに!

①施設の見取り図を準備する

コースやチェックポイントなどを書き込みます。
当日、立ち入り禁止などの場所があれば一緒に書いておきます。

②隠すものを決める
※大きく分けると二種類

・お菓子
・ちいさなおもちゃなど
見つけたらそのまま参加者にプレゼントできるもの

・クイズ
・次の宝さがしになるようなヒント
何度かのチェックポイントをクリアしていくことで最後の宝に行き着くもの
※大人数の場合はこちらがおすすめです

③ルールを決める

グループ対抗で行う場合、チェックポイントが重ならないように順番を変える
→ヒントを書くカードを色分けして他のグループと混ざらないようにするなど工夫が必要

他のグループのものを見つけた場合は元あった場所に隠す?or違う場所に隠す?

他のグループとの相談はなし
→相談していることが分かった場合は減点などするか?orしないか?

など細かいところまで決めておき、当日地図と一緒に渡しておく

④制限時間を設ける

終了の目安が分からないとゆっくりしてしまい、
全員がゴールするまで待たなくてはいけないことも
あるため、〇時までにはゴールする、など決めておくこと。

好きなルールを作って楽しんでください!

実際にやった宝探しを紹介します!

準備*大きめの地図を用意する。
何個かグループを作るときには色つきの紙に書くか
白い紙の場合はふちを色ペンで塗る。
地図を4等分~6等分にする。

分けた地図を封筒やがちゃがちゃのカプセルなどに
いれて隠す。

チームごとに探す色を決めておく。

ルール

・制限時間内に全部の地図を見つける。
・地図を頼りに宝の隠し場所を探す。

発見したチームからゴール!
早かったチームから5~1点までを加算!
スタッフで設定した隠れ目標時間に近いチームにプラスボーナスポイントを加算
かけ離れているチームは減点などし順位を決めました。

実は‥と隠れルールをあとで発表すると盛り上がりますよ!
ルールは明確に!
でも、みんなが楽しめるように工夫してみてください!

1