1. まとめトップ
  2. ガールズ

涼しげで夏にぴったり!保冷剤で簡単に作れる芳香剤がかわいい♡

冷蔵品を買うと付いてくる保冷剤は、いつかまた使うかも…と取っておいても結局使わずに溜まりがち。しかし、保冷剤は消臭剤や芳香剤に作り変えることが出来るんです。さわやかでかわいい見た目が夏にぴったり!

更新日: 2016年07月08日

-Meru-さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5134 お気に入り 721258 view
お気に入り追加

気づくと溜まる保冷剤

お店でスイーツを買うと付けてくれる保冷剤は、お弁当箱の横に入れたり火傷を冷やしたり、何かと便利。
でも、捨てるのはもったいないからと取っておいても、実際に使うのは2、3個です。

▽そんな時は違う使い方ができる!

どうしてもたまっていって、捨てるだけの保冷剤を、消臭剤と芳香剤に変身!(・ω・)ノ 手前はミントで奥はローズマリーです。造花を添えてもいいかと思います。 pic.twitter.com/I3p4xjuuUK

この前テレビでしてた 保冷剤の中身で芳香剤作ってみた! 絵の具で色付けて ちょっとラメ振りかけてみた あと、桜の匂いのアロマオイルを 上からたらしたらいい匂いだし かわいいしいい感じ pic.twitter.com/Pvf1oMQb2u

保冷剤のゲルで作った芳香剤。生活の木で買ったラベンダーのオイルを入れてみた。 強すぎず弱すぎず、枕元の棚でほんわか香ってるよ(^o^) 可愛い空き瓶をペイントやマスキングテープで飾って蓋をしたらお友達へのプレゼントにもいいかも〜♪ pic.twitter.com/dVOoP4gyKM

▽保冷剤は消臭剤にもなる

保冷剤の中身は高吸水性ポリマーという物質で、紙おむつや消臭剤の中身と同じです

凍っていない状態のジェル状の保冷剤を袋から出して、皿の上などに広げ、ニオイが気になるところに置いておけば、消臭効果が期待できます

▽香りをつけると芳香剤に変身

手持ちのアロマオイルなどが使えるので、自分の好きな香りにすることができます。市販の芳香剤は匂いが強すぎて苦手という方には特におすすめ

芳香剤作りではエッセンシャルオイルの他に香水を混ぜても良いそうです

『作り方は簡単♪』

・口が広めの器
・保冷剤(ゲル状のもの)
・アロマオイル
・混ぜる用のスプーン

保冷剤の中身を口が細い瓶などに入れるよりは、平たい皿などに敷いた方が表面積が大きくなり、消臭効果が高くなります

保冷剤ですが ゲル状(ジェル状)限定なのは、ゲルの凹凸部分が匂いをチャッチしてくれるからだそうです

▽手順

1.保冷剤の袋を切って、中身を器の中に出す(香りをつけない場合はここで完成)
2.アロマオイルを数滴垂らす

ラベンダー、レモン、ティーツリーなどは消臭効果。シトロネラ、レモングラス、ローズウッドなどは虫よけ効果が期待できます

保冷剤とオイルをよく混ぜたら完成です

時間とともにビンの中の保冷剤の水分が蒸発して香りも薄くなりますが、水を足してしばらくおくとまた保冷剤がゲル状に復元されます。精油を加えて混ぜ合わせれば香りもリフレッシュできます

▽さらにかわいくアレンジ♡

水性絵の具やラメ、ビーズなどを加えて、見た目を自分好みにアレンジするのも楽しい

水性ペンで水に色をつけて、保冷剤とまぜまぜ。 そして好きなアロマを3滴。 飾り付けをして完成

出典pinsta.me

ブルーに色付けしてビーズやビー玉を入れると夏にぴったりな見た目に!

1 2





-Meru-さん