1. まとめトップ
  2. 雑学

バッハみたいな白カツラだらけ?香港の法廷がちょっと気になる

香港の法廷では裁判官も弁護士もみな白いカツラをかぶります。なぜ?イギリス統治時代の名残だそうです。ちょっと不思議な光景が見られそう。

更新日: 2015年04月28日

66 お気に入り 78669 view
お気に入り追加

■ちょっと様子が違う・・・香港の法廷

頭が白い人がたくさん・・・・なにこれ。

ネットで調べようと「香港 裁判」って入力したら検索ワードの候補に「カツラ」って出て

■イギリス統治時代の名残だそうで。

ズラリ。壮観。

香港の裁判所では、今も法廷では、裁判官、弁護士、検察官は、鬘をつけ、法服をきるらしい。弁護士は法廷に行くときは鬘箱を持っていくらしい。裁判官の鬘はバッハみたいなやつとかいろいろ

■白髪カツラ。各種あります

→フルボトムウィッグ

■もとはイギリスにおける法廷の義務から

こういう髪型してると階級が高そう。

フランス革命まではカツラは、貴族の身だしなみであると共に、特権階級の社会的な身分の象徴でもありました。それが法廷という特殊な場で、法を司るものの地位を示す道具として生き残って行った

イギリスでは17世紀以来、裁判官らに法廷での白いカツラ着用を義務づけている。法廷の威厳を保つための伝統

ほぼ必然的に「お偉方」を意味する茶化した言葉(bigwig)もあり

カツラかぶって偉そうにしてた人たちのことを指しているそうな。

■そんな本家は2007年に一部を残し廃止

・時代遅れ・つけ心地がよくない・高い

※ただし刑事裁判についてはまだ着用してます。

カツラを外せば街ですれ違っても気がつかれない!
自分の身を守る意味でもカツラは必要。

1 2





経済・法律ネタを中心に集めています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう