1. まとめトップ

【動物虐待】狸小路2丁目のパチンコ店ベガスベガスでふくろうが虐待展示されていると非難殺到

ベガスベガス発寒店でふくろうが展示されており、その展示方法が虐待だと非難が殺到している

更新日: 2015年05月01日

2 お気に入り 20510 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

20140811さん

パチンコ店ベガスベガスでふくろうが虐待展示!?

北海道・山形県・宮城県・新潟県・東京都で パチンコ ホール・アミューズメント施設・ゲームセンター・日焼けサロン・フードサービスを運営する株式会社 ベガスベガス

問題となっているのは狸小路2丁目や発寒店などの店舗

ベガスベガス発寒店では、たくさんのフクロウを展示してます! 是非、癒しを求めにきてください!

両足が鎖と短い紐で台に固定されています

写真はありませんが、一番大きな子の羽の下のほうがむしられたようになっていました(ストレスによる脱落や自傷の可能性もあるでしょうか?!)

環境、展示状態、ふくろう達の様子などから、明らかに動物虐待であると判断しました。

批判に対する対応

~ベガスベガスからの返信~
「 弊社店舗でのフクロウ飼養に関して貴重なご意見を賜り、誠にありがとうございます。
弊社ではフクロウの飼養にあたり、第一種動物取扱業の展示業登録を受けており、愛玩動物飼養管理士の下で適正かつ適切に飼養しております。
 ○○様のように考えていらっしゃる方もおられることを常に考慮しながら、フクロウの健康と安全に留意してまいります。
 この度は貴重なご意見を頂き誠にありがとうございました。」
ベガスベガス山形本社 担当 大戸三喜夫

署名などの運動も始まりだした

1