1. まとめトップ

首相官邸ドローン事件の犯人・山本泰雄容疑者が韓国では英雄扱いになっていた また漫画も描いていた

首相官邸ドローン事件の犯人・山本泰雄容疑者が韓国では英雄扱いになっていたという情報が入ってきました。また漫画も描いていた事実も判明し、なかなかうまいと評判のようです。

更新日: 2015年05月02日

0 お気に入り 3452 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼衝撃的だった首相官邸ドローン事件

東京都千代田区の首相官邸屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、警視庁麹町署捜査本部は25日、威力業務妨害の疑いで、福井県警小浜署に出頭した同県小浜市、無職山本泰雄容疑者(40)を逮捕した。

警視庁は25日午後にも、身柄を捜査本部のある同庁麹町署に移送し、詳しい動機や共犯者の有無について調べを進める。

▼事件の経過

2014年12月 山本泰雄容疑者(40)=福井県小浜市=が「首相官邸にドローンを持って行ったが、やめた」

2015年3月22日 官邸屋上のヘリポートを最後に使用。ドローンは確認されず

     4月9日 山本容疑者が「午前3時半にドローンを飛ばした」

     4月15日 官邸の屋上方面を撮影した写真に黒い物体

     4月22日 午前10時半ごろ、官邸屋上で職員がドローンを発見。警視庁が捜査本部を設置

     4月24日 山本容疑者が福井県警小浜署に出頭

     4月25日 警視庁が威力業務妨害容疑で山本容疑者を逮捕

▼動機は「原発政策に不満があった。」

山本容疑者は出頭時に「原発政策に不満があった。俺が官邸にドローンを飛ばした」などと話していたが、逮捕容疑の認否については無言だったという。警視庁は否認ではないとしている。

山本容疑者は24日午後8時ごろ小浜署に上下迷彩服姿で出頭した。

出頭時にはドローンのコントローラーのようなものと砂を所持。

砂については「福島の砂だ」と話し、ドローンに搭載した容器に入れていたと説明していた。

▼このタイミングでのメーカーの発表にネット民はメーカーの関与を疑った

「ドローン」と呼ばれる無人の小型空撮機の世界最大手・DJI社が21日、都内で新製品「PHANTOM3(ファントム3)」をお披露目した。

最も安いもので13万9800円。すでに世界で4万台、日本で4千台の先行予約が入っており、国内では5月中旬から店頭やネットで一般販売される。

DJIは三井住友海上火災保険と提携し、ファントム3を買ったユーザーが1年間、対人・対物の保険に無償で入れる制度を付けた。

落下事故で人に被害を与えた場合には、最大1億円の保険が支払われる。空撮など業務に使うユーザーに限られるが、世界初の取り組みという。

 DJIは中国企業で、これまで100万台以上のドローンを出荷。世界最大手のメーカーに急成長した。

▼既にドローンをテロに使えるか 小型自動小銃をドローンに搭載した実験が行われていた

飛行数週間前に許可申請が必要になって、それでもろくに許可は下りず おそらく一般市民は飛ばせなくなるだろ

テロのメイン兵器に選ばれたってのは大きい

▼護送される容疑者 ネットではドローンおじさんと呼ぶネット民も

1 2 3