1. まとめトップ

審査の甘いカードローン

銀行系、信販系、消費者金融系そして中堅や街金系の審査の甘いカードローンやキャッシングの口コミ情報や属性、クレヒスなどお金が借りれる情報をもれなく解説!

更新日: 2016年09月25日

kinyumanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 114323 view
お気に入り追加

日本には数えきれない程のカードローンがある

カードローンの会社をしらみつぶしに調べてみましたが、日本には沢山のカードローンがあるんですね!ほとんどが地方銀行のカードローンです。地方銀行系のカードローンは膨大で数えきれない程あります。審査もそれほど難しくなさそう。ほとんどが総量規制対象外。審査の甘いカードローンを探すならば自分の地元の地方銀行のカードローンを当たるのが良いかも?!

地方のカードローンには穴場も多い

最近では地方のカードローンがかなり力を入れております。

金利の安さや貸付条件も大手の都市銀行のカードローンとそれほど変わりません。

中には金利1%台~、最高限度額が1000万円という地方銀行カードローンも出てきております。

審査も大手の都市銀行ノカードローンよりも甘く、カード取得も簡単ですので穴場です。

勿論、総量規制対象外、年収の3分の1を超える融資も可能、専業主婦もOKです。

カードローンは都市銀行や大手ばかり目を向けずに地方の方にも注目してみましょう!

カードローンの昔と今

昔に比べて最近のカードローンは随分借りやすくなったと思う。アルバイトやパートでも可能だし、金利もかなり安くなった。またインターネットの普及で簡単に申し込みが出来ます。
最近では「ネットで3秒審査」とか「インターネットで10秒審査」などスピードをウリとしてカードローンが増えてまいりました

銀行系、信販系、消費者金融系のカードローン

カードローンには銀行系のカードローン、信販系のカードローン、消費者金融系のカードローンに分類されます。

どこのカードローンが金利が安くてお勧めなのかは、現在では一概にいえません。
銀行系も信販系も消費者金融系も最近は金利が安くなっております。

従って銀行系だからといって金利が安いとは限らないのです。
強いて言えば、、、消費者金融系や信販系よりも「やや低金利」といった程度でしょう。

現在にカードローン業界においては金利の安さは何処もそれほど変わりません。
後は自分の好みで決めるのが良いでしょう。

尚、属性に自信の無い方は「金利の安さ」よりも「審査の柔軟さ」で選んだ方が良いでしょう

事業者用のカードローンは総量規制対象外

カードローンには個人の消費者用のカードローンと、会社経営者や自営業者向けの事業者用カードローンがあります。事業者用のカードローンはほぼすべて「総量規制対象外」です。つまり年収の3分の1以上の融資が可能という事になります。

全ての銀行系カードローンが総量規制対象外とは限らない

銀行系のカードローンの全てが総量規制対象外と思っている人がいますが、違いますね。銀行系でも総量規制対象外でないカードローンはあります。モビットとかりそなカードローンなどは総量規制対象外ではありません。なので銀行系のカードローンを申し込む前に予め確認しておく必要があります

無利息カードローンについて

無利息カードローンと聞くとお得なイメージが浮かびますよね?でも実際に無利息のカードローンを利用している人のほとんどが多くの利息を払っております。最初の1週間とか30日間は確かに無利息だけど、それ以降も利用する人が多いので結果的に利息負担をしております

銀行系のカードローンは本当に審査が厳しいのか?実は審査は甘いという噂も・・・

巷のネット情報で『銀行系のカードローンは審査が厳しい』と書いている事を見かける人もいますが、本当でしょうか?

私は、これは嘘だと思います。
世間一般で言われているほど銀行系カードローンは審査が厳しくありません。

大手消費者金融のカードローンとや大手信販会社それほど審査難易度は変わらないと思います。

なぜなら、最近では銀行系カードローンも審査業務は大手消費者金融会社や大手信販会社が代行して行っているケースが大半だからです。

また銀行系のカードローンは総量規制対象外のローンも多い。

総量規制対象外のローンは「年収3分の1以上の融資可能」、「専業主婦も融資可能」となっております。

だから下手な消費者金融会社よりも銀行系の方が審査が柔軟なケースも!!

審査の甘いカードローンはアルバイトでもOKか?

カードローンの中にも審査が比較的甘い所もあれば、審査が少し渋い所もあります。

その審査基準は各カードローン会社によってマチマチですが、お金をどうしても借りたい方は出来るだけ審査の甘いカードローンを選んで申し込みましょう。

審査の甘いカードローンとそうでないところを見分けるコツとして各カードローン会社の公式HPを確認すると良いでしょう。

公式HPで「アルバイト、パートの方もOK」と表記されているカードローンは非正規雇用者でも借りれる審査が比較的甘いカードローンといえます。

カードローン選びを間違わなければ、現在アルバイトの方も十分融資が可能なので、探してみましょう

カードローンとキャッシング

カードローンとキャッシングの違いってあまり深く考える必要はありません。どちらもサービスは一緒でやっている事は大差ありません。自分が好きな呼び名で呼べば良い。ちなみに私はキャッシングの方がいいやすい

カードローンとキャッシングの違いは?

キャッシングとカードローンの違いは一体どう異なるのでしょうか?

これに関しては最近ではそれほど変わりがありません。

いずれも無担保・無保証人で融資サービスを行っている小口融資のサービスという点で一緒です。

また金利も会社によって異なりますが国の法律で定められた利息制限法に則った金利でサービスを行っているので、キャッシングもカードローンも大差はありません。

詳しく分類すると・・・キャッシングは主にクレジットカードのキャッシング枠などのサービスを言います。

一方でカードローンはショッピング枠のついていない純粋な融資サービスのみを行っているカードを言います。

ただ、最近ではその分類も曖昧で、クレジットカードのキャッシング枠を「カードローン」と呼ぶ人もいるし、一方で融資のみのサービスのカードローンを「キャッシング」と呼ぶ場合もあります。

サービス内容はいずれも変わらないので呼びやすい呼び名で呼べば良いのではないかと思っています

穴場で審査が甘いカードローン会社は?

カードローンのサービスを行っている所で審査の甘い穴場は中堅の消費者金融のカードローン、地方銀行のカードローンです。

カードローンのサービスを行っている会社の分類

カードローンサービスを行っている会社は・・・・大手消費者金融、中堅の消費者金融、一部の中小消費者金融、大手銀行(都市銀行含む)、地方銀行、大手信販会社です。

カードローンの審査もクレヒスが大事

クレジットカードの審査ではクレヒスが大事だと言われております。

それと同じくらいにカードローンの審査もクレヒスが大事です。

クレヒスとは「クレジット利用履歴」をいいます。

過去にクレジットカードやローンの利用履歴であり、きちんと返済しているかどうかの「成績表」みたいなものです。

クレヒス(クレジット利用履歴の成績表)が優秀の方はクレジットカードやカードローンの審査が通りやすいです。

クレヒスは信用情報センターにデータがあります。
クレジットカード会社やカードローン会社は審査時に申込み人のクレヒスをチェックし審査可否の判断をします

無利息サービスのカードローン

カードローンには無利息サービスがあります。これは永久に無利息というわけでは無く、最初の30日間が無利息とか、最初の60日間が無利息というサービスです。あと何度借りても1週間無利息というカードローンもあります。上手く使いこなしてお得に借りたいですよね♪

1 2 3





消費者金融、キャッシング、カードローン、クレジットカードなど主に融資の審査情報の記事を詳しく書いております。誰にでも分かりやすく! 
http://www.epac06.org/

このまとめに参加する