1. まとめトップ

2016年に祝日が増える!8月11日は「山の日」 脱・うろ覚え!祝日の意味

2016年より8月11日が「山の日」として制定されることが決まった。ハッピーマンデー法により日付が変動する異動祝日、祝日法の改正などによりGW(ゴールデンウィーク)に続く連休SW(シルバーウィーク)が発生する年もある。

更新日: 2015年04月29日

2 お気に入り 2739 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tsukimisouさん

●2016年8月11日 「山の日」制定!

山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する

国民の祝日として「山の日」を制定することを求める日本山岳会をはじめとする全国「山の日」協議会加盟諸団体や既に「山の日」を制定していた地方自治体、その他山岳関係者や自然保護団体等からの意見を受け、2013年4月、超党派の議員連盟「山の日制定議員連盟」(会長:衛藤征士郎)が設立された。

8月に初めて祝日ができ、祝日がないのは6月だけとなる。国民の祝日は年間15日から16日に増える。

学生や有給休暇が取りにくい会社員にとっては、祝日が増えることが嬉しい?

ゴールデンウィークやお盆、そして正月。特定の時期に多くの人が一斉に休みを取って、観光地に押しかける。どこも混雑して、渋滞で時間がかかり、価格は割高なのにサービスのレベルは下がる。
国民の祝日は、このような「集中による豊かさの阻害」を促進します。

お盆休みとされる8月13日~15日と連続した休暇になることを想定して設定された8月11日。
(8月12日は日航機墜落事故が起きた日のため、避けた)
祝日を連休にするより、休日を分散させた方が良いとの声も…

●そもそも祝日って・・・

国民の祝日に関する法律、通称「祝日法」で制定された日。
1948年7月20日に公布・即日施行された。

建国や独立などのその国の歴史的な出来事に由来したり、功績のあった人物を称えて制定された記念日で、宗教儀礼上の重要な祭祀を行う日である祭日とは異なるものである。

●「旗日」とも呼ばれる

祝日には国旗を掲揚して祝うため、そう呼ばれる

以前は多くの家庭において、祝日には門戸に国旗を掲揚していたが、近年では祝日に国旗を掲げる家庭も減りつつある。

●それぞれ意味がある

○~1999年
1月 15日
元服の儀が行われていたとされる小正月

○2000年~
1月の第2月曜日

おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます

3月20日頃
天文観測により春分が起こるとされる日

自然をたたえ、生物をいつくしむ

4月29日 昭和天皇の誕生日

○1989年
昭和天皇の崩御により、「天皇誕生日」から「みどりの日」に改名
○2007年
祝日法の改正により、「みどりの日」から「昭和の日」に改名

激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす

○1989年~2006年
4月29日

○2007年~
5月4日

自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ

5月5日

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する

○1996年~2002年
7月20日

○2003年~
7月の第三月曜日

海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う

○~2002年
9月15日

○2003年~
9月の第三月曜日

多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う

9月23日頃
地球が秋分点を通過する日

祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ

○~1999年
10月10日
1964年の東京オリンピックの開会式が行われた日

○2000年~
10月の第二月曜日

スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう

出典ameblo.jp

○~1988年
4月29日 昭和天皇

○1989年~
12月23日 平成天皇

今生天皇の誕生日を祝う

1