13歳以上の場合
隔週の週末を含む週数日の面会交流が推奨されます。非監護親は子の生活リズムや友人などとの交流を優先し、より柔軟性のある計画を立てましょう。
長期休暇の面会交流は、約4分の1から3分の1を非監護親と過ごすことが望まれます。

出典一般社団法人 びじっと 離婚と子ども問題支援センター | 推奨される面会交流ガイドライン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

実子の連れ去り得・親権・面会交流・片親疎外の問題

離婚で子どもの親権を得ようと、子どもを連れ去って別居する事案が後を絶たない。

このまとめを見る