”継続性の原則”というのがあり、裁判所は現時点で子供を実際に養育している親の養育状態に問題がなければ、現状を追認する傾向にあるので、先に(子を)連れ去って養育実績を作った方が、裁判上も得をする実態がある。”連れ去り得”の状況が生まれている。

出典深刻化する”子供トラブル”その実態 「子供に会えない」 on Vimeo

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

実子の連れ去り得・親権・面会交流・片親疎外の問題

離婚で子どもの親権を得ようと、子どもを連れ去って別居する事案が後を絶たない。

このまとめを見る