子どもは、親の離婚や別居によって深い心の傷を負い、自身のアイデンティティの危機に直面します。
そうした状況で、監護親から非監護親の悪口や誹謗中傷を聞かされ続けると、心の傷はさらに深くなり、情緒不安定になる傾向がありあます。
子どもが情緒不安定になると、日常生活の中で以下のような症状が見られるようになります。
学業成績の低下
抑うつ症状(気分の落ち込み、無気力感など)
睡眠障害(不眠、眠りが浅いなど)
自殺企図(リストカットなど)
薬物依存
非行や不良交友への傾倒

出典片親疎外症候群(PAS)を防ぐ3つのポイント

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

実子の連れ去り得・親権・面会交流・片親疎外の問題

離婚で子どもの親権を得ようと、子どもを連れ去って別居する事案が後を絶たない。

このまとめを見る