1. まとめトップ

EFO(エントリーフォーム最適化)って

FO(Entry Form Optimization)とは、フォームのどこで離脱したのか測定し、フォーム改善することです。「リンクを外す、項目を減らす、自動入力」など、フォームでの成約率が上がります

在位置がわかるナビゲーションをつけろ!

出典http://lpo.gaprise.com/blog/efo-1250/

今何をしているのか。あとどれくらいで終わるのか。がわかるとユーザーは送信をしやすくなります。

表示する項目は必要最低限に!

出典http://lpo.gaprise.com/blog/efo-1250/

エントリーフォーム最適化(EFO)の基本は「項目を短くすること」です。
必要な項目は必要な時だけ出すようにしましょう。

住所は自動入力で!

出典http://lpo.gaprise.com/blog/efo-1250/

これに関しては最近よく見かけるようになってきました。

入力エラーはリアルタイムに表示しろ!

出典http://lpo.gaprise.com/blog/efo-1250/

全部を入力して、いざ送信。
この時にエラーがでるとユーザーは、一気に興ざめします。
エラーは入力時に表示するようにしましょう。

半角・全角入力をユーザーに求めるな!

出典http://lpo.gaprise.com/blog/efo-1250/

半角・全角の入力ミスは、ユーザーのエラーのなかでもっとも多いミスです。
これらは指定をせずに受け付けられるようにしましょう。

入力ボックスは分割するな!

出典http://lpo.gaprise.com/blog/efo-1250/

入力ボックスは分あなたのエントリーフォームは、郵便番号の入力ボックスが前と後で分かれていたり、電話番号の入力ボックスが3分割されていたりしませんか?
離脱が増えますのですぐにやめましょう。割するな!

入力項目は極限まで削れ!

出典http://lpo.gaprise.com/blog/efo-1250/

EFOの大原則は項目を減らすことです。
項目が多ければ多いほど、右サイドのスクロールバーも長くなり、
ユーザーのやる気を阻害します。

フォーム内の無駄なリンクは外せ!

出典http://lpo.gaprise.com/blog/efo-1250/

エントリーフォームに必要のない、他のページへのリンクは極力取り除いてください。
取り除くだけでコンバージョン率が上がります。

まずGoogleアナリティクスの目標到達プロセスのレポートで、カートから購入までの状況を把握しよう

アクセス集める前に離脱の多いフォームを変えよう!

だって、アクセス集めるの大変だもの。

まず「推移」を見るしか無い。離脱しているページの原因を仮説して地道に変更していくしかない。改修後の前後比較ももちろん行う。

1





tuuhanさん