1. まとめトップ

見ていて辛い・・・末期がんで痩せ細った今井雅之が会見で涙。

4月30日、東京・新国立劇場で『THE WINDS OF GOD』のゲネプロ前に会見が行われました。そこに現れたのは大腸がんのため、出演予定だった舞台を降板した俳優の今井雅之(54)さん。彼の身体は病魔に蝕まれ、変わり果てた姿となっていました。

更新日: 2015年05月01日

6 お気に入り 67669 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yakiuminjさん

【更新】
 動画の更新

出典ameblo.jp

今井 雅之(いまい まさゆき)
日本の俳優・演出家である。兵庫県城崎郡日高町出身。身長178cm。空手道弐段、柔道初段。オスカープロモーション所属。

自ら原作、脚本を手がけた『THE WINDS OF GOD』は海外でも高い評価を得、平成3年度文化庁主催芸術祭賞の原作・脚本・演技、史上初の3賞を受賞。

俳優の今井雅之(54)が21日、自身の公式ブログを更新。大腸がんのため、5月1日から公演を予定していた主演舞台「THE WINDS OF GOD」を降板することを発表した。

昨年8~9月に風邪と診断されたが、胃など痛みが治まらず別の病院で検査。11月に大腸がんと診断され、切除手術を受けた。

昨年12月2日発売の女性週刊誌で、11月1日に腸にできた腫瘍の摘出手術を受けたことが報じられたが、その際、ブログで「余命3日」と診断されたことなどをつづっていた。

今年2月に舞台の会見をした時は腸閉塞(へいそく)の手術をしたこと、体重は20キロやせたことを明かしたが、4月21日になって病名が「大腸がん」であると告白し、舞台からの降板を発表した。

腸閉塞というと最近ではオダギリジョーと香椎由宇の次男が絞扼性イレウスで亡くなっています。

その今井雅之が会見を開いた

大腸がんで主演舞台を降板した俳優今井雅之(54)が30日、東京・新国立劇場で行われた「THE WINDS OF GOD」(5月1~5日=新国立劇場)の公開稽古前に会見し、末期がんでステージ4と明かした。

マイクを通じて「これが精一杯の声です」と、ややかすれた声で決断に至る経緯を説明し、時折「自分の判断で降ろさせてくれと(言いました)…」と目に涙を浮かべながら言葉を詰まらせた。

続けて「本当にすいません、病には勝てなかった…」と頭を下げて謝罪した。

「末期がん、ステージ4」と宣告されたことについて「悔しいなあ、と。生きていることがこんなにつらいと思ったことはなかった」と涙をにじませ、声を振り絞った。

末期がん(大腸がん ステージ4)について

日本人の全死亡者数のうち、死亡要因1位はがん。
なかでも大腸がんによる死亡率は肺がんと同じく上昇傾向にあり、毎年新たに10万人が発症。女性にいたってはがん死亡原因の第1位です。

癌がすでに大腸から離れた場所(肝臓,肺,腹膜など)に転移しているとステージIVに分類されます。大腸に存在する癌を原発巣,転移している癌を転移巣といいます。

【大腸癌】
腹膜、肝臓、肺などへの転移がある

5年生存率は15.0%で、手術をした場合は17.9%

癌の進行度はステージという言葉で表されます。ステージには1~4があり、数字が上がるにつれて、進行していきます。癌におけるステージというのは、体の内部にどれくらい癌が広がっているのかを示す目安となるものです。

一概にステージ4だからと言っても、余命があとどれくらいなのかをはっきりと決まるわけではありません。参考程度となります。
しかし、末期症状であれば、当てはまる確率が高くなります。

余命と同じような意味で、癌の治療を評価するのに「5年生存率」が使われます。

5年生存率とは、癌の治療の5年後にどれくらい存命しているかの割合を示しています。

例えば、5年生存率が10%ならば、10人の人が癌の治療をして、その後5年が経過した時に生きているのが、1人ということになります。ステージが進むごとに5年生存率が低くなっていきます。

「役者が舞台を降りるのはつらい。生きるのがつらいし、悔しい」

会見のあった30日は東京でもかなり暑い日。それにも関わらずストールを巻いているのは痩せ細っている姿を見られたくないということなのでしょうか。病気についての発表を遅らせていたのをみると、「ファンの方々が心配しないように」という配慮なのだと思います。

約35分の会見中、声を振り絞るのがつらいのか、何度も唇を噛みしめ、歯を食いしばった今井。会見場でカメラのフラッシュを浴びながらイスまでのわずかな距離を歩いたが、「プライドで歩きました」。首には大きなスカーフが巻かれていた。

さらに、担当医には「もう生きてるだけなら、モルヒネをきつめのをどんどん打って、最後、殺してくれ。安楽死っていうやつですか。」と頼んだことを告白した。

現在は抗がん剤治療を受けながら、腕立て伏せなどの筋力を付けるリハビリをしている。

副作用で眠れず、フルーツ以外、口にできない状態が続いている。「どんどん歩けなくなって…声も出なくなって…」と無念の表情。大腸周辺には「影がみえている。『転移する可能性が大』と言われた」と」と転移の可能性も口にした。

「大腸がんはストレスが原因と言われた。夜も眠られない状態が続いている」。看病する妻には「浮気できるくらい元気になってねと言われた」と涙を流した。

また、今井さんは無類の酒好きで有名な方。アルコールも大腸がんの主な原因の1つです。

舞台は重松聡志が代役を務めるが、今井は体調をみながら公演に同行し、舞台挨拶を行うという。

1 2