1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

振り幅に驚き!『寄生獣』と『64』のピエール瀧と新井浩文がまるで別人

映画『寄生獣 完結編』で素晴らしくイカれている二人がドラマ『64(ロクヨン)』ではシリアスな演技をみせてくれています。

更新日: 2015年05月01日

62 お気に入り 201189 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

maronhikou88さん

主役より脇役で光るタイプ。見た目でインパクトを与えられる脇役は作品のスパイスとして重宝がられる存在で、作品を支える縁の下の力持ちといえるでしょう。しかもイメージを固定させない彼はまさに怪優。

NHKの朝ドラ「あまちゃん」では寿司屋の大将役を演じてファンが急増。かと思えば、昨年は映画「凶悪」で死刑囚の役を好演。そして今回は愉快な雪だるま役

たいていは犯人とか、事件を追いつめる犯罪者とかの顔で演じていることが多い

1979年1月18日生まれ。青森県弘前市出身。
2001年公開の映画『GO』で映画デビュー。
2003年「青い春」で高崎映画祭の最優秀新人男優賞を受賞。
2005年「ゲルマニウムの夜」で初主演。

最近の出演作は『百円の恋』(14)、『明烏』『バクマン。』(15)ドラマ『アイムホーム』にも出演中

新井浩文(36)が警察官に職務質問されたことをツイッターで明かし、「現役の俳優部で職質されてる回数、日本で一番の自信ある」とぼやいた

そんな二人の持ち味が遺憾なく発揮された『寄生獣 完結編』

2015年4月25日公開

染谷将太
深津絵里
阿部サダヲ
橋本愛
新井浩文
岩井秀人
山中崇
ピエール瀧
豊原功補
大森南朋
北村一輝
國村隼
浅野忠信

原作:岩明均
監督:山崎貴
脚本:山崎貴、古沢良太

岩明均のコミックを2部作形式で実写化した、SFサスペンスの後編。

右手に寄生生物ミギーを宿した少年・新一と人類を食糧とするほかのパラサイトたち、彼らの全滅を図る特殊部隊が入り乱れる、壮絶なバトルが展開。

後藤の右腕を構成するパラサイト。パラサイトの中では珍しく表情が豊かで饒舌で、陽気なお調子者のように振る舞っている。

三木は、無駄に表情が豊かです。言動も軽薄です。そんな三木は、仲間からあまり信頼されていません。三木はよくしゃべります。

出典http://寄生獣まとめ.net/gotou-miki-956

山崎監督は、ピエールさんの微笑みについて「『ニヤニヤしてくれ』と言ったんですが、(表情を見て)怖ぇー!気持ち悪ぃ!いいなぁと思ってやってもらいました。ここまで気持ち悪くする必要があるのか? と思いつつ(笑)」と予想以上の怖さだったと絶賛

寄生獣面白かった( ´ ▽ ` )ノ ピエール瀧が最高やった(笑)(笑)

さっき寄生獣見た! 凶悪見て以来、ピエール瀧はどの映画で見ても怖すぎるwww

そうそう、『寄生獣 完結編』、なにがすばらしいって、 ピエール瀧がすばらしい。まるで、原作のほうが未来の俳優ピエール瀧の活躍を予知してアテガキしていたのではないかと思うほど、ぴったりのハマり役であった。

人間を惨殺することに快感を覚える殺人鬼。減刑を条件にアジト殲滅作戦に協力

「寄生獣」の物語の中で、最も残忍で強烈なインパクトを与える浦上

出典http://寄生獣まとめ.net/serial-killer-uragami-1470

人間を使って「遊んだ」ため、見ただけでパラサイトを判別することができる能力が自然と身に付いた。

人間で遊ぶ浦上の回想シーンは、それまで寄生生物たちが人間を食らうシーンよりも残忍でおぞましい

出典http://寄生獣まとめ.net/serial-killer-uragami-1470

寄生獣完結編見た。面白かったよ。何より、新井浩文くんが久々に新井浩文くんらしい役でうれしかった。

うぉぉぉぉ新井浩文さんって実写版寄生獣の浦上役なの!?ヤバいゲスクズだ!超見たい!

寄生獣 完結編 よかった。特に新井浩文の殺人鬼がよくてスクリーンに引き込まれた。

寄生獣完結編、あらためて面白かった。浅野さんカッコよすぎだし、新井さんの浦上再現度が飛び抜けてヤバかった(笑)

これらは全て褒め言葉です

『64(ロクヨン)』では全く違った演技をみせる二人

毎週土曜夜10時〜(全5話)

『警察発表』に真実はあるのか
<昭和64年>に起きたD県警史上最悪の翔子ちゃん誘拐殺人事件をめぐり、刑事部と警務部が全面戦争に突入。狭間に落ちた広報官・三上義信は己の真を問われる。怒濤の展開、驚愕の傑作ミステリー

http://hon.bunshun.jp/sp/64

1 2