1. まとめトップ

【NBA】最強のシューティングデュオ!"スプラッシュ・ブラザーズ" #SplashBrothers

現地16日、敵地でのクリーブランド・キャバリアーズとNBAファイナル第6戦を行い、105対97で勝利。1975年以来、4度目のリーグ制覇。ゴールデンステイト・ウォーリアーズを牽引する"スプラッシュ・ブラザーズ"まとめ。

更新日: 2016年04月13日

hakatanotoraさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 43764 view
お気に入り追加

2014-15シーズンをリーグ最高の『67勝15敗(勝率.817)』という成績で、プレイオフ全体のホームコート・アドバンテージを手にしたゴールデンステイト・ウォーリアーズ。

破壊的なオフェンスを牽引するのは、リーグ屈指のシューティングデュオ"スプラッシュ・ブラザーズ!!

286本の3P成功数でNBA記録を塗り替えたカリー(成功率44.3%)と高い得点力を持つピュアシューターのトンプソン(成功率43.9%)の"スプラッシュ・ブラザーズ"!

2014-15シーズンでは、ステフィン・カリーが286本、クレイ・トンプソンが239本の3ポイントシュートを決めており、2人合計の3ポイント成功数が526本という驚異的な成績を収めた。

No.30 ステフィン・カリー(PG / SG)

名  前:ワーデル・ステフィン・カリー2世
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:1988年3月14日(27歳)
身  長:191cm
体  重:84kg
ポ ジ ション:PG / SG
所  属:ゴールデンステート・ウォリアーズ
ドラフト:2009年 7位
経  歴:デビッドソン大学

しばしば「NBA史上最高のシューターの1人」に挙げられることも

その卓越したシュート力を武器に、驚異的なペースで3ポイントシュートを決めていることから、しばしば「NBA史上最高のシューターの1人」に挙げられることもある。

父で元NBA選手であるデル・カリー譲りのシュートセンスを武器に得点を重ねるシューター型スコアラー

父で元NBA選手であるデル・カリー譲りのシュートセンスを武器に得点を重ねるシューター型スコアラー。

自らが攻撃の軸となり、高いボールハンドリングを駆使して相手ディフェンスを翻弄し、ジャンプシュートを次々と沈めていく。味方からフリーの状態でパスを受けシュートを決める通常のシューターとは異なるスタイルを持っている。

3ポイントシュートには絶対の自信

特に3ポイントシュートには絶対の自信を持っており、それほど点差の迫ってない局面や相手のターンオーバーからの速攻の局面でも容赦なく3ポイントを狙ってくる。またカリーは前述の通り、味方のサポートがない状況でも、自らのボールハンドリングやドリブルを駆使し、強引に3ポイントを決めることができる特異なシューターである。

2012-13シーズンには、レイ・アレンの持っていたシングルシーズンでの3ポイント成功数記録を更新し、翌々年の2014-15シーズンでは、自身の持っていたシーズン3ポイント成功数記録をさらに更新した。

シーズン最多『286本の3ポイントシュート成功』の記録保持者

シーズンを通して286本の3ポイントシュートを決め、自身が12-13シーズンに樹立したNBA記録を大幅に更新

And with that, Stephen Curry sets a new @NBA single-season 3PT record. Last guy to do that? Steph in 2013. #SPLASH pic.twitter.com/HdiQ6FjNYy

カリーは9日のブレイザーズ戦で合計8本のスリーを沈め、シーズン通算成功数を276本に更新。

カリーは9日のブレイザーズ戦で合計8本のスリーを沈め、シーズン通算成功数を276本に更新。ウォリアーズ1点ビハインドで迎えた第4Q残り6分からのクラッチタイムでは、2本のスリーを含む17得点を獲得し、最終的に45得点(FG成功率73.9%)、9アシストを記録してチームを勝利に導いた。

Steph any day, best shooter to ever play RT @nickyokoyama: @KDTrey5 You or Steph Curry in a 3-Point Contest?

先日、Twitterでファンから「あなたとカリー、スリーポイント対決でどっちが勝つと思う?」と尋ねられた2013-14シーズンのMVPケビン・デュラントは、「もちろんカリーだ。歴代最高のシューターだ」と回答した。

カリーの出場試合数が他の2人に比べて大幅に少ないのもポイントだ。

※ミラー(320試合)、アレン(295試合)、カリー(258試合)

IT'S OFFICIAL: @StephenCurry30 is the 2014-15 @Kia NBA Most Valuable Player. #KiaMVP pic.twitter.com/H0nJ6rjxwZ

リーグ最高勝率のチーム(67勝15敗)へと導いたステフィン・カリーが選ばれました。

カリーのレギュラーシーズン平均スタッツは32.7分の出場時間で、23.8得点、4.3リバウンド、7.7アシスト、2.0スティール。

3ポイント成功数に関してはカリー自身が2013-14シーズンに、マークした272本のNBA記録を大きく上回る286本のNBA新記録を樹立。

No.11 クレイ・トンプソン(SG)

名  前:クレイ・アレクサンダー・トンプソン
国  籍:アメリカ合衆国
生年月日:1990年2月8日(25歳)
身  長:201cm
体  重:93kg
ポ ジ ション:SG
所  属:ゴールデンステート・ウォリアーズ
ドラフト:2011年 11位
経  歴:ワシントン州立大学

NBA屈指のピュアシューター

チームメイトのステフィン・カリーと共に「スプラッシュ・ブラザーズ」として名を馳せているNBA屈指のピュアシューターである。

一度波に乗ると次々と3ポイントを成功させる爆発力を秘めている選手

2015年1月23日のサクラメント・キングス戦では、第3クォーターに37点を記録し、一選手が1つのクォーターに記録したNBA最多得点を樹立するなど、スコアラーとして大きく成長し、個人成績としては平均21.7得点2.9アシスト3.2リバウンド3P成功率43.9%を記録した。

一度波に乗ると次々と3ポイントを成功させる爆発力を秘めている選手である。カリーとともにシーズンでの3ポイント成功数1、2トップというシーズンも珍しくない。

"スプラッシュ・ブラザーズ"の由来

2人の3Pシュートは、まるで水面にボールが落ちた時に水しぶきが上がるように ゴールのネットが跳ね上がるので『スプラッシュ・ブラザーズ』。

また、もともと"スプラッシュ"には『大成功する』というニュアンスもある。

Halftime: Warriors 58 - Bobcats 49. @StephenCurry30 & Klay Thompson are a combined 7-of-11 from 3 point range #SplashBrothers

このニックネームは、カリーとトンプソンの2人が揃って活躍した2012年12月21日の(当時)ボブキャッツ(現:ホーネッツ)戦の試合中に、チームスタッフがチームアカウントで"#SplashBrothers"というハッシュタグを使ってツイートを行ったのが始まり。

スプラッシュ・ブラザーズは"サラブレッド"

(向かって左の)クレイ・トンプソンの父親は、1978年のNBAドラフト全体1位指名を受けたマイカル・トンプソンである。

(向かって右の)ステフィン・カリーの父親も元NBA選手であるデル・カリー。

1 2





hakatanotoraさん