1. まとめトップ

【2015】勝ち馬が分かる!NHKマイルCのデータ&ラップ分析!各ステップレースのレベル分析【G1】

2015年5月10日NHKマイルカップの勝ち馬を見つけるために、各ステップレースを分析してみました。

更新日: 2015年05月10日

2 お気に入り 1514 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yukiyuki319さん

2015年5月10日 2回東京6日目

第20回NHKマイルカップ(G1) 東京芝1600m 3歳 定量

◆出走馬、枠順

1枠1番 アヴニールマルシェ 57.0kg 北村 宏司
1枠2番 グランシルク 57.0kg 戸崎 圭太
2枠3番 クールホタルビ 55.0kg 吉田 豊
2枠4番 グァンチャーレ 57.0kg 蛯名 正義
3枠5番 タガノアザガル 57.0kg 松田 大作
3枠6番 レンイングランド 57.0kg 内田 博幸
4枠7番 クラリティスカイ 57.0kg 横山 典弘
4枠8番 ナイトフォックス 57.0kg 田中 勝春
5枠9番 アルビアーノ 55.0kg 柴山 雄一
5枠10番 アルマワイオリ 57.0kg 勝浦 正樹
6枠11番 ヤマカツエース 57.0kg 池添 謙一
6枠12番 ミュゼスルタン 57.0kg 柴田 善臣
7枠13番 コスモナインボール 57.0kg 柴田 大知
7枠14番 ヤングマンパワー 57.0kg 松岡 正海
7枠15番 フミノムーン 57.0kg 幸 英明
8枠16番 ダノンメジャー 57.0kg 武 豊
8枠17番 ニシノラッシュ 57.0kg 田辺 裕信
8枠18番 マテンロウハピネス 57.0kg 浜中 俊

◆東京芝1600mの特徴

スタートから250m地点までは下りが続く。また3コーナーまで約550mほどの直線のため自然とペースが速くなり、やや速めの平均ペースになりやすい。3コーナー手前でいったん坂を登るが、再度下りの状態でコーナーに突入するため、息を抜きたいはずのコーナーで息が抜けない。そのため1400mに比べ上がりが掛かるようになる。

スタミナ消耗戦になるコースで、このコースを逃げ切るのはJRAのあらゆるコースの中で最も難しいとされる。このコースが『中距離を走れるくらいのスタミナが要求される』と言われる所以だ。 脚質的な狙いは、断然差し馬。特に古馬OPともなれば「差し」のシェアが50%を超える。

カレンブラックヒルは天皇賞秋でもそこそこいいタイムで走ってましたし、2000mも対応できたということはそれなりのスタミナがあったということですね。

◆脚質別シェア

逃げ(2-0-0-9)
先行(2-5-3-33)
差し(4-5-6-77)
追込(3-1-2-46)

逃げはカレンブラックヒルとミッキーアイル以外は玉砕。一か八かの脚質。

◆大荒れ一攫千金!過去11年の人気データ

1番人気 (6-1-0-4)
2番人気 (1-1-0-9)
3番人気 (1-2-2-6)
4番人気 (0-1-2-8)
5番人気 (0-2-0-9)
6番人気 (0-1-1-9)
7~9人 (0-1-1-31)
10人以下(3-2-5-89)

昨年はミッキーアイルが勝ったからいいものの、2着3着は17番人気12番人気が来て、三連単は684,020円ついた。
10人気以下が結構絡むので当てにくいレースか。
1人気から人気薄にも手広く流すか、1人気だけを買うか、悩みどころ。

◆この馬は切れる!

◎キャリア10戦以上
キャリア10戦以上の馬は(0-0-0-14)と全滅。重賞で好走した馬もこの条件にあてはまることからもこの条件には注目したい。

昨年もこのデータは守られた。

前走500万条件も100%来ていないので信頼できる。

◆データの落とし穴

昨年まことしやかに囁かれていたデータですが、

連対馬は芝1600m以上の連対実績が必要である→去年の2着馬タガノブルグは実績なし
皐月賞6着以下は馬券に絡まない→3着馬キングズオブザサンは15着

と、ブレイクしています。
データは絶対ではないですね!

◆牝馬はどうなの?

牝馬  (2-1-1-14)
牡・セン(9-10-10-151)

去年はホウライアキコがタイム差0.1の5着までやってきて、馬券になってもおかしくなかった。
ピンクカメオの例を出すまでも無く、素質さえあれば牝馬にもチャンスはある。
しかし、今年の牝馬勢にはこれといった素質馬がいない。

◆枠データ11年分

1枠(0-4-2-16)
2枠(1-0-2-19)
3枠(2-1-1-16)
4枠(1-0-0-21)
5枠(2-1-1-18)
6枠(1-0-2-19)
7枠(4-2-2-25)
8枠(0-3-1-29)

去年は1枠2頭の人気薄が2頭とも絡んで、1枠の成績が上昇。
7枠8枠はすべて2桁着順と言う、極端な内有利なレースだった。

◆馬番

1番 (0-2-2-7)
2番 (0-2-0-9)
3番 (1-0-1-9)
4番 (0-0-1-10)
5番 (1-1-0-9)
6番 (1-0-1-9)
7番 (0-0-0-11)
8番 (1-0-0-10)
9番 (1-0-0-10)
10番(1-1-1-8)
11番(0-0-0-11)
12番(1-0-2-8)
13番(3-2-0-6)
14番(1-0-1-9)
15番(0-0-1-10)
16番(0-0-0-11)
17番(0-3-0-8)
18番(0-0-1-10)

◆現時点5/2での印

◎クラリティスカイ
○グランシルク
▲ニシノラッシュ
△アヴニールマルシェ
☆ヤマカツエース
☆ミュゼスルタン
☆アルマワイオリ
☆グァンチャーレ

余裕があれば
タガノアザゼル、ブラヴィッシモ、フミノムーン、マテンロウハピネス、ヤングマンパワーなど。

なにしろ荒れるレースなので、少々手広く。

単勝ならばクラリティスカイ一本でいく。

◆5/8の印

◎グランシルク
○アヴニールマルシェ
▲グァンチャーレ
△クラリティスカイ
-------大荒れを見込んで余裕があれば紐で-------
☆ヤマカツエース
☆ニシノラッシュ
☆ミュゼスルタン
☆アルマワイオリ

抜けてるのはグランシルクとクラリティスカイだけで、あとは枠と展開しだいで順番は何度でも入れ替わる。
そのクラリティスカイは死の4枠に入り、ちょっと評価を落とした。
逆にグランシルクは絶好枠。またアヴニールマルシェ、グァンチャーレもチャンスのある枠を引いた。
今年はやや硬めの決着に落ち着きそうだ。
◎○▲△の馬連BOX、三連複BOXで大荒れしても怪我しない程度に賭けたい。

1 2 3