1. まとめトップ

ネットで炎上した話題の人

唐澤貴洋/ハセカラ民/恒心教/成田童夢/長谷川豊/ショーン・マクアードル川上/アリさんマークの引越社/高崎卓馬/佐野研二郎/長嶋りかこ/8.6秒バズーカー/岡田斗司夫

更新日: 2019年05月20日

14 お気に入り 165603 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

唐澤貴洋

2016年10月21日、NHKのニュース番組に唐澤弁護士が登場し、インターネットが騒然となった。
今まで唐澤弁護士の素顔が公開されたことはなく、ネットでは実在しない人物と言う者までいた。

実はこの日、安藤良太被告の判決公判が東京地裁で開かれ、懲役2年6月と保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役3年)の有罪判決が言い渡されていた。

安藤良太被告は千葉県松戸市役所の爆破予告や、唐澤弁護士の殺害予告をしたなどとして、威力業務妨害や脅迫などの罪に問われていた。

成田童夢

8歳からスノーボードをはじめ、“成田三兄弟”の長男として注目された成田童夢。16歳のときには全日本スノーボード選手権優勝、17歳でワールドカップ優勝という輝かしい成績を収め、20歳のとき、満を持してトリノオリンピック出場を果たす。

しかし、メダルを期待されながらも結果は大惨敗に終わった。それまで成田先生はふざけたパフォーマンスやビッグマウスで無責任な行動を繰り返していたため、日本中から大バッシングを受けることに。

12月12日(月)に放送される「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル」(テレビ朝日系)に、トリノ五輪・スノーボードハーフパイプ日本代表選手の成田童夢が登場。“自分の事しか考えず、無責任な行動を重ねて日本中から嫌われてしまった先生”として、“自分の事ばかり考えて周りの人から嫌われないための授業”を行う。

長谷川豊

テレビ大阪は報道番組「ニュースリアルFRIDAY」のキャスターを務めていた元フジテレビのフリーアナウンサー・長谷川豊氏の降板を発表した。

長谷川氏は9月19日付の自身のブログで、人工透析患者を中傷するようなタイトルの記事を掲載。その後、タイトルは変更されたが、テレビ大阪では報道番組のキャスターとして不適切な行為だと判断した。

長谷川さんは19日のブログの中で、現状の健康保険制度および年金制度を問題視する中で、日本における人工透析患者に言及。
その多くは、医師からの注意を無視して自堕落な生活を送り続けた結果、透析を受けざるを得なくなった「自業自得」な患者だと主張していた。
このブログに対しては非難の声が数多く上がり、ネット上は「炎上」状態となった。ブログ記事を転載していたニュースサイト「BLOGOS」は「不適切な表現が含まれている」として、記事を削除した上で謝罪。23日には全国腎臓病協議会が「透析患者に対する誤った認識を社会に印象づけるものであり,強い憤りを覚えます」として、「発言の撤回と謝罪の掲載」を求める抗議文を公表する事態に発展していた。

ショーン・マクアードル川上 / ショーンK

フジテレビが社運を賭けて4月4日からスタートさせる平日深夜の大型報道情報番組「ユアタイム~あなたの時間~」のメインキャスター、ショーン・マクアードル川上氏(47)に学歴詐称疑惑が浮上した。

川上氏は現在、「とくダネ!」(フジテレビ)、「報道ステーション」(テレビ朝日)のコメンテーターとしても人気を集める国際派経営コンサルタント。

川上氏は、09年5月に放送された『魔女たちの22時』(日本テレビ)に、貧しい新聞配達の少年から年商30億円を稼ぐ経営コンサルタントになったイケメン「魔王」として登場している。オフィスは東京渋谷のセルリアンタワー、ホテル住まいの優雅な生活が紹介されていた。
だが、セルリアンタワーの該当フロアはレンタルオフィス。公式ホームページでは、この住所がブラッド社の(アジアパシフィック本社)とされている。
また、米国での会社登記には、ブラッド社の納税情報が掲載されているが、最後の納税申告は13年。納税額はわずか175ドルだ。(週刊文春)

ブラッド社には川上氏以外に3名の幹部がいる。米国グループ代表のジョンGマクガバン氏、欧州グループ代表のニコロ・デ・グルート氏、在仏代表の大井大氏である。
だが、検索をかけても該当する人物は見つからない。そこで顔写真の画像検索を行うと、マクガバン氏とされる人物は、全く別人の顔写真と一致した。

写真の主は、米ミシガン州の不動産会社ホライゾン・グループ・プロパティーズのCEO、ゲイリー・スコイエン氏。スコイエン氏が北イリノイ大学の学内誌に登場したときの顔写真と、スーツ、ネクタイ、チーフ、背景にいたるまで同一としか思えない。(週刊文春)

取材班は卒業名簿を頼りに、川上氏の母校の1学年全9クラスの同級生に取材を試みた。テレビに出ている「ショーン・マクアードル川上」が「川上伸一郎」だと気がついている同級生は一人としていなかった。(週刊文春)

ネットでは整形の噂も!
左端が川上氏の高校卒業アルバムの画像。

アリさんマークの引越社の副社長

引越社相手に訴訟を起こした男性社員(34)が加入している労組「プレカリアートユニオン」などが、東京都内の引越社関東のオフィス前で抗議活動をしていた。副社長らは、仕事の邪魔になると拡声器の使用中止を求めようとして、外に出てきた。
組合員に詰め寄る副社長に、派遣ユニオン書記長が「何か尋常な人じゃないですよ、そういう話し方は」と諭すと、副社長は、「何をぬかしとるんや、コラァ!」「誰に言うてんねん」などと怒り、押し問答はしばらく続いた。

引越社を巡っては、社員らから、残業代が支払われなかった、仕事中の荷物破損や車両事故の損害を給与から天引きされたといった指摘が出ている。男性社員は、組合活動をしたことで不当な配置転換を受けたとして、7月31日に地位確認などを求める訴訟を起こしていた。

報道などによると、男性社員は、会社の機密を漏らしたり訴訟で会社の名誉を害したりしたとして、8月11日付で懲戒解雇処分を受けていた。そのときに、男性社員の「罪状」を挙げ、「一生を棒にふることになりますよ」と強調した解雇通知が全店に貼り出されるなどしたという。
男性社員が仮処分の申し立てなどをすると、引越社は、一転して解雇を撤回し、男性社員は10月1日に復職した。ところが、以前の営業担当ではなく、6月に配置転換を受けたシュレッダー係にそのまま据え置かれてしまった。

佐野研二郎

東京五輪・パラリンピックのエンブレムを制作した佐野研二郎氏にデザインパクリ疑惑!
ベルギーの劇場のロゴデザインにそっくり。

ベルギーでは裁判になっているが、劇場側の弁護士は国際オリンピック委員会(IOC)本部のあるスイスでも提訴する用意があると表明した。

ところが、大会組織委員会によると、正式なエンブレムには別の原案があり、それが他の商標に似ていたという。

五輪公式エンブレムの審査委員代表を務めた永井一正氏は「(五輪エンブレムと劇場のロゴは)全く違ったデザインですね」と語った。

佐野研二郎のパクリ五輪エンブレムは佐野デザインではない事が発覚した。つまり、大会組織委員会が修正させてパクリエンブレムが誕生していた。

東京五輪ロゴのデザイナーをめぐる最大の疑惑は別のところに発展している。
デザイナーの佐野研二郎氏は、実は、国立競技場でミソをつけたスポーツ振興センター(JSC)の職員の親戚なのだ。この職員は河野一郎JSC理事長の右手と言われる。

選考委員のメンバーが同じ。選考は広告代理店の博報堂や多摩美術大学の関係者の出来レースか?
また、選考委員の一人の長嶋りかこは、博報堂では佐野研二郎の元部下で、彼女にも盗作疑惑が浮上している。

2020年東京五輪のエンブレムがベルギーの劇場ロゴと似ていると指摘されている問題などを受け、大会組織委員会は1日、佐野研二郎氏がデザインしたエンブレムの使用中止を正式に決定した。

1 2