1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kimeraさん

父親の墓石の前で自殺 そばに車いすの母親

お元気ですか」などのヒット曲で知られるタレント清水由貴子さんが21日午後1時30分ごろ、静岡県内にある冨士霊園で亡くなっているのが発見された。

49歳だった。父親の眠る墓石の前で倒れており、硫化水素を吸い込んで自殺したとみられる。

そばには車いすに座った母親がおり、衰弱していたものの命に別条はない。独身だった清水さんは2006年3月、母の介護を理由に長年所属した事務所を辞めており、芸能界から事実上引退していた。長年にわたる母の介護疲れが、清水さんを自殺に追い込んでしまったのだろうか。

コートにズボン姿で靴をはいた清水さんが横向きに倒れていた。近くには身分証、「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」などと書かれたA4判の紙2枚とノートがあった。

砂利を敷き詰めた地面と顔の間には、20リットル容量の黒いポリ袋があった。袋の中には洗面器と洗剤などの入った複数の容器があり、中には合わせると硫化水素を発生する溶剤が入っていた。死亡推定時刻は20日午後5時ごろとみられ、死後硬直がかなり進行していた。清水さんは20日、タクシーで霊園に向かったとみられる。

また、清水さんの側には、母親とみられる車いすに座った80歳ぐらいの女性が雨に打たれていた。

清水さんの母親は生まれつき身体が弱く、糖尿病と腎臓病を長年患っており、入退院を繰り返す生活を送っていた。女性は一昼夜を清水さんの遺体とともに過ごしたとみられる。衰弱していたものの外傷はなく、意識もしっかりして、消防署員に名前や住所などを話したという。御殿場市内の病院に搬送され、清水さんの8歳下の妹が病院に駆けつけた。

「お元気ですか」で歌手デビュー 日本歌謡大賞新人賞 受賞
清水さんは小3の時に父を亡くした。家族3人の母子家庭で経済的に
恵まれない環境で育った。生活保護を受け、高校も奨学金制度を受けて通学。歌手を志した動機を「お金をたくさんもらえるんじゃないかと思ったから」
と話したこともある。高校在学中にタレントスカウト番組「スター誕生!」に応募。76年にピンク・レディーを抑えて、16回目のグランドチャンピオンに輝いた

翌年に「お元気ですか」で歌手デビュー。日本歌謡大賞新人賞などの新人賞を総なめにする鮮烈デビューだった。同期の高田みづえ、榊原郁恵と「フレッシュ3人娘」として大きなブームを巻き起こした。その後は萩本欽一率いる「欽ちゃんファミリー」の一員として活躍。小西博之(49)とデュエット曲「銀座の雨の物語」を欽ちゃんプロデュースで発売したこともあった。

94年には念願だった推定1億円の自宅を都内に新築。「幸せです」と声を弾ませていたが、06年3月には母親の介護を理由に所属事務所を退社した。

相談する人はいなかったのか

母親の糖尿病が進行して視力がかなり落ち、そばを離れられなかったようだ。事実上の芸能界引退状態で、以後は介護を中心にした生活を 送っていたとみられる。長年にわたる介護の疲れが、両肩に重くのしかかったようだ。相談する人はいなかったのか。清水さんは、父の墓前で母親の横で自ら命を絶った。

彼女はストーカー被害に苦しんでいた(戸崎氏との会話から)

ビデオの会話が 聞き取れない所もあるので 清水由貴子さんの話だけ 要約して 掲載する  集団ストーカー被害者として有名なHP「AGSAS」の管理人さんである戸崎さんは この犯罪をガスライティング犯罪という言葉を使っている しかし 被害内容は 私たちと同じで やはり キッカケも 創価学会絡みのようである

1、ブログ「AGSASU」の管理人さんである 戸崎さんのHPをみて それを 心の支えにしていた

2、戸崎さんに 直接 会って 状況を話し合いたいと思った

3、デジタル盗聴器が 音が鳴りっぱなしだったり トイレに行ったりするときも鳴るし トイレから戻ってくると消えたりする

4、嫌がらせが 自分だけのせいなら 我慢するけど 母や妹も一緒だし 女性家族だし

5、二階の台所に 買ってないキャベツが置かれている

6、ありんこを 台所に撒かれた

7、ヘリコプターが 毎日 飛んでくる しかも自分の頭上にである

8、消防車 パトカー 街の安全パトロール 郵便車など ほぼ毎日 出くわされる

9、加害者は 自己嫌悪に陥らないのか 加害行為に対する良心の呵責はないのか

10、仕事を引き受けるとき 「学会の人間でないですけど 私でいいんですか 他の方がいいんじゃないですか」と
聞いて それでもOKなら仕事を引き受けるようにしていた

11、ひきこもりの男の子のお母さん役をしていた時 掲示板のコテハンで すごい事 書かれたりした

12、「入ってくれなくてもいいです」と言われて 引き受けた仕事で 学会員らに すごく親切にされたので 学会に入りたくなる人の気持ちも解からない訳ではない

13、父が早く亡くなっているので 何か困ったことがあったり すがりたい気持ちになったりしたとき お墓参りに行くので もしかしたら 
学会の方が そういうことに対して 嫌味をもったのかな? と 初めのうちは そう思っていた

14、そうだったら 警察は関係ないだろうと思った

15、公明党の方はたくさん近所にいるが 宗教は自由だと思っているし 創価学会も悪い宗教団体とは思わない

16、自分の心の支えになるなら 入ってもよいし 否定もしなかった

17、所属していた会社の社長は創価学会員だった

18、自分自身が 仕事する元気がないので 2006年3月に 29年間いた会社を 辞めた

19、こういう話は重いから 友達にも 何か話しづらいので 戸崎さんと話せたら 少し 状況が判るかなと思って訪ねた

20、歯の治療・・・云々は ほとんど聞き取れない

21、長野の○○温泉で 民宿に泊まった時 自分が寝ていた所に タバコが撒かれていた

22、そのような 嫌がらせ状況を ビデオとかカメラに撮りたくなる

23、休憩所へ行くと 自分の周りに ヘッドホンをした男女が5人もいて 気持ち悪かった

24、ヘリコプターや救急車 消防車 パトカーが多いが 私は 警察に追われるようなことはしてないと思うから気持ちが悪い

25、警察に御用になった人なら 追っかけられても仕方がないと思う

26、母親は 武蔵野市のディーサービスにお世話になっている  民生委員にも お世話になっている

27、ボランティアの 手伝いに向かうとき いつも パトカー ヘリコプター 郵便屋 が待っている

28、早朝4時半に 家を出ると覗いている人がいた 引っ越してから ずっと覗かれていた

清水由貴子さんの自殺から 見えてくるもの

「AGSAS」の管理人さんである戸崎さんのHPをみて それを 心の支えにしていたということは 彼の被害に共感するのがあったからである 私たちのような特異なHPやブログは 被害者か加害者にしか 興味がないと思っている よって タレントの清水由貴子さんは 創価学会からターゲットにされていたということになる

他殺説も浮上

某ブログには 「他殺説あり」との書き込みが見られるが 私たち被害者同士の間でも 今 その話題で持ちきりだ  あくまでも私の個人的な推測だが 彼女の自殺に 次のような疑問も持っている

①硫化水素自殺する前に、お墓まで乗ってきたタクシーの運転手も『自殺するように見えなかった』と言っていること

②元マネージャーが 彼女の自殺の原因は「介護疲れだけじゃないと思う」と述べていること

③20日午後5時ごろ死亡 → 21日午後1時20分ごろ霊園の男性職員が発見 → 22日午後7時58分配信 YAHOOニュース配信 → 23日午前3時ごろ SMAPの草なぎ剛(創価学会員)が公然わいせつで逮捕 → 有名人の逮捕により 清水由貴子さんの自殺を 社会の目から分散させる作戦にも見える

④清水由貴子さんは 自殺するほど軟弱ではないと思う (所属事務所の社長も創価だった 創価の圧力が強い芸能界で 29年間も 勧誘を断り続けられるのは 強い人間でないとやっていけない)

⑤彼女は 苦しいときは父親のお墓参りに行く人間だった そんな真面目な人間が 病気の母親を置いて 無責任にも 自殺するなんて考えられない

⑥彼女は 2006年3月に所属事務所を退職しているが 創価学会からの嫌がらせに耐えられなくて辞めた可能性が考えられる 理由は 退職2ヶ月後に 集団ストーカー被害者の戸崎さん(AGSAS管理人)を訪ねていること (集団ストーカー被害の証拠の会話より)

1