やはりピン芸人のコント師として右に出るものはいないでしょう。「越えようがない」と言う方が正しいのかもしれません

出典孤高の天才・バカリズムが仕掛けるプレゼン形式の単独ライブ「バカリズム案」がやっぱり天才的すぎる - shimotsu

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

快進撃が止まらないバカリズムの人気の秘訣とは?

最近、テレビで良く見かけるバカリズム。かつてはシュールな芸風で知られましたが、最近ではバラエティのゲストや司会、脚本家など活躍の幅をどんどん広げています。

このまとめを見る