フィンランドのヘルシンキ大学で、高脂血症1200人を対象にした調査が実施され、次のような結果が得られた。高脂血症を食事療法と薬で下げたグループAと、下げる手段を何も講じなかったグループBを比べたところ、10~15年後の心筋梗塞の発症率、死亡率ともに、Aグループのほうが高かった。

出典コレステロール値が高いほど長生きする? なぜ、おなかをすかせると病気にならないのか【5】:PRESIDENT Online - プレジデント

前へ 次へ