1. まとめトップ

上場後初!ベネッセついに最終損益が赤字に・・・

ベネッセホールディングス(HD)が1日発表した平成27年3月期の連結決算は、最終損益が107億円の赤字(前期は199億円の黒字)となりました。優良企業が赤字転落まで陥った経緯をまとめました。

更新日: 2015年05月08日

0 お気に入り 457 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

colunさん

生誕:1948年12月3日(66歳)
出身:日本長崎県佐世保市
出身校:東海大学工学部通信工学科 
    ハーバード・ビジネス・スクール
職業:ベネッセホールディングス代表取締役会長兼社長
   ベネッセコーポレーション代表取締役社長
配偶者:谷村有美(シンガーソングライター)

ベネッセ3月期は上場後初の最終赤字107億円に 顧客情報流出の影響拡大

ベネッセへの不信感も未だ消えず・・・

まず元会員にDMをひたすら送り続けるのやめないと信用もできないわベネッセは……

ベネッセ、会員数減ったんだね・・・ うちも辞めたくち。子供の事とか顧客情報流出ってやっぱり心配になるし。

@osaka_seventeen 確かに。もうベネッセに痛くしよう。個人情報だけが心配だけど

ベネッセ個人情報流出事件とは

流出した顧客情報が最大で2070万件に及ぶ大規模なもの。流出した情報は進研ゼミなどといったサービスの顧客の情報であり、子供や保護者の氏名、住所、電話番号、性別、生年月日など。社内調査により、データベースの顧客情報が外部に持ち出されたことから流出したと説明。これはベネッセの顧客にベネッセのみに登録した個人情報を使った、別の通信教育を行う会社からのダイレクトメールが届くようになり、ベネッセから個人情報が漏洩しているのではないかという問い合わせの急増により発覚。

7月17日、シンフォームの派遣社員である、システムエンジニアの男性を逮捕

9月10日、ベネッセは記者会見を開き、顧客情報漏洩件数を3504万件と公表。個人情報漏洩被害者へ補償として金券500円を用意するとした。35社が漏洩した個人情報を利用しており、事業者に対して情報の削除を求めるなど利用停止を働きかけていると説明。

発覚後の対応にも不信感が・・・

情報流出より、その後の対応が影響を拡大させたのでは?原田氏は1人500円とか個人情報甘く見すぎ   ベネッセ3月期は上場後初の最終赤字107億円に 顧客情報流出の影響拡大(産経新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150501-…

発覚後の原田氏の対応というか態度が悪かったよ。傲慢さが際立っていた。⇒ベネッセ、上場後初の赤字転落…会員25%減少 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) yomiuri.co.jp/economy/201505… @Yomiuri_Onlineさんから

ベネッセは顧客情報流出よりもそのあとの対応でみんな離れていったんだろ

ベネッセは教育業界ではトップクラスの企業なのに・・・

1