1. まとめトップ

【閲覧注意】マジか!マック、パスタ、ラーメン…塩分多すぎ!!

高血圧を指摘されたので「塩抜き」を実施したら2ヶ月で-5kg(笑)。摂取カロリーはあまり気にせずに「塩分摂取量」を減らす事を意識しました。すると自然に摂取カロリーも抑えられるんですね。美味しいものってやっぱり塩辛くて油っこいのが多いんですよね…。塩分過多が気になる方々にお役立て頂けると幸いです。

更新日: 2018年10月09日

14 お気に入り 202276 view
お気に入り追加

ファーストフードは以前から“高カロリー”である点が問題視されていたが、それらのフードに含まれる塩分・糖分・脂肪分は想像以上。まさにひと言で表現するなら“異常”であり、決して見た目では判断できないのも恐ろしい部分だ。

-マクドナルドで検証した場合-
1位: 「メガマフィン」(食塩相当量3.8g / ナトリウム1489mg)
2位: 「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」(食塩相当量3.7g / ナトリウム1467mg)
3位: 「メガマック」(食塩相当量3.7g / ナトリウム1464mg)
4位: 「ブラジルバーガー ビーフBBQ」(食塩相当量3.2g / 1260mgl)
4位: 「ダブルチーズバーガー」(食塩相当量3.2g / 1260mgl)

(ナトリウム量および食塩相当量は1個当たり・メニューおよび栄養成分は2014年5月21日時点)。

-マクドナルドで検証した場合 サイドメニュー-
1位: 「チキンマックナゲット 15ピース」(※香川県内店舗以外は食塩相当量3.8g / ナトリウム1,512mg、香川県内店舗は食塩相当量3.5g / ナトリウム1,381mg)
2位: 「シャカチキ チェダーチーズ」(食塩相当量2.0g / ナトリウム801mg)
3位: 「シャカチキ トマトバジル」(食塩相当量1.9g / ナトリウム740mg)
4位: 「シャカチキ レッドペッパー」(食塩相当量1.9g / 735mgl)
5位: 「シャカチキ(チキンのみ)」(食塩相当量1.7g / 657mgl)

鶏肉を使ったメニューはどうしても塩分過多なので、出来ればチキンのメニューは避けたいところ。でもケンタッキーに行ってチキンを食べないと言うのも難しい。

商品・塩分量(g)カロリー(kcal)
オリジナルチキン 1.7 237
レッドホットチキン 1.7 236
ゆず辛チキン 1.3 225
パリパリ旨味チキン 1 155
ひとくちケンタッキー3個 1.3 157
プレミアムローストチキン 12.2 1652
チキンフィレサンド 2.7 403
塩だれチキンサンド 2.5 397
フィレたまサンド 2.6 405
フライドポテトS 1 186
フライドポテトL 1.9 371
チキンクリームポットパイ 1.5 325
エビ入りトマトクリームポットパイ 1.7 341

ファストフードを常食していると、“うつ病”になりやすいという調査結果も出ているようだ。理由としては、高カロリーであるため食生活が乱れるとともに、肥満の原因をまねくことになる。これにより心筋梗塞や糖尿病などのリスクが高まるだけでなく、ラクして食べれられるという特質上、怠けやすい生活に変化。うつ病になる可能性が高まり心身が蝕まれていく危険があるのだ。

ファストフードの“健康被害”がよくわかる動画

―関連リンク

1 2