1. まとめトップ

家庭教師バイトのおすすめ・評判・学歴・時給・求人サイトまとめ

大学生におすすめ「家庭教師バイト」の見つけ方・評判・口コミ・感想・学歴・学力・時給などについて記載しています。家庭教師バイト探しに役立つ主な求人サイトも掲載していますので、バイト探しの際にご利用ください。

更新日: 2016年02月05日

14 お気に入り 97767 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

daigakumemoさん

家庭教師バイトの始め方・やり方

大学生や社会人におすすめのアルバイト「家庭教師」は、小学生・中学生・高校生などに学習指導するアルバイトです。最近は、大人向けの家庭教師などもあります。(例:家庭教師のトライが「大人の家庭教師」を展開中です)

家庭教師バイトは「登録制」です。まずは、お近くの家庭教師派遣会社に登録しましょう。最近は複数の派遣会社に同時登録できる「一括登録サイト」で登録する人が多いようです。

大学生・社会人に家庭教師バイトがおすすめな理由

家庭教師バイトを大学生・社会人の方におすすめする理由は、

・時給が高いこと
・拘束時間が短いこと
・学習経験がいかせること

などがあげられます。

家庭教師と塾講師はどちらがおすすめ?どちらが評判が良い?

家庭教師と塾講師はどちらがおすすめなバイトなのでしょうか?口コミや評判などを元に比較してみます。

<家庭教師より塾講師の方が良くない点>

家庭教師とともに大学生や社会人に人気があった塾講師バイトですが、昨今の個別指導塾のブラックバイト報道以降、悪い評判が相次いでおり、塾講師バイトはあまり人気がなくなっています。

塾講師は時間給の対象にならないサービス残業・準備時間が非常に長いので、表記時給が1000円以上であっても、実質時給は800円程度である場合が多いようです。一方、家庭教師は時給対象外の拘束時間は殆どありません。


<家庭教師より塾講師の方が良い点>

塾講師バイトの評判を掲示板などで見ていると、「とにかく楽しい」「他の大学の友達ができた」などの口コミをよく目にします。時給面など待遇では家庭教師に大きく離されている塾講師ですが、孤独ではない・楽しいという点では塾講師に軍配が上がるでしょう。

家庭教師バイトの時給の相場は(個人契約と派遣)

家庭教師バイトの時給相場についてですが、

個人契約の場合は時給1500円~2000円程度

派遣会社経由の場合は時給1300円~1800円程度となっています。

※地域・学歴・指導経験などにより時給に差が生じます。

以前は「個人契約」と「派遣会社経由」の差がもう少しあったのですが、年々その差は縮まっています。

家庭教師バイトに必要な学歴・学力は?試験はあるの?(大学生)

家庭教師バイトにはどの程度の学歴・学力が必要なのでしょうか?

家庭教師系の求人サイトを見ていると「学歴」の欄には「大学生以上」と記載している場合が多いようです。

どの程度(偏差値)の大学であれば良いのでしょうか?

家庭教師バイトと一口に言っても「小学生に簡単な計算を教えるバイト」から「東大受験の指導」まで依頼内容のレベルは様々です。もっとも、非常に高度な依頼は少ないですので、学歴についてはあまり考えずに登録して問題ないようです。

「大学名」で登録を断っている家庭教師会社はないようです。ただし、「MARCH以上はプラス100円」「早慶上智ICUはプラス200円」「東大東工一橋はプラス300円」のように学歴によって時給を変えている場合はあります。

尚、学力についてですが、登録時に試験を実施している会社もあります。もっとも口コミ・評判系サイトを見てみると、「中学レベルだった」というような投稿が多く、ハイレベルな学力は試験に求められていないようです。

家庭教師バイトの評判・口コミ・感想は

バイトを探す際に、評判・口コミ・感想などを気にする方も多いと思いますが、家庭教師業界については、ネット上の評判はあまり参考になりません。

家庭教師業界には「高額教材販売会社」など悪質な会社が少なくありませんが、そのような会社は「ステルスマーケティング」「やらせ」でネットの評判対策をすでに行っています。

「家庭教師の○○○○ 評判」のようなフレーズでネット検索しても、悪徳会社が作った(作らせた)「偽のランキングサイト」「偽の口コミサイト」などが出てくるだけです。

家庭教師バイトについては、ネット上の口コミ・感想・評判は全く参考になりません。

高額教材系家庭教師会社でのバイトはおすすめできません

家庭教師会社の中には、講師を生徒に紹介する際に総額30万円~100万円程度の超高額な教材を売りつける会社があります。(いくつかのグループがあり、各グループが複数の屋号・会社名で展開しています)

教材系家庭教師でのバイトは法的にもグレー~ブラックでリスクが高くトラブルになる可能性があります。又、倫理的にも問題がありますので、このような会社でのバイトはおすすめできません。。

家庭教師会社のホームページ・求人サイト・一括登録サイトなどで登録する際には、高額教材系か否かを確認して登録しましょう。分からない場合は、「家庭教師センター名 教材販売」「家庭教師センター名 高額教材」などの検索フレーズで検索してみましょう。もしくは、高額教材系を掲載していない求人サイトで登録しましょう。

最近は、法律規制が厳しくなり、行政による処分が増えていますので、「高額教材」を「必須」から「選択制」にしているところが増えています。しかし、(単なる法規制逃れであり)実質は教材販売が主目的でありますのでこのような会社でのバイトもおすすめできません。。

家庭教師バイトの見つけ方

家庭教師バイトを見つける方法は主に以下となります。

1.家庭教師専門の求人サイト・一括登録サイトで登録する
最近は一括登録サイトで登録する方が多いようです。家庭教師は登録制バイトなので、「登録=お仕事決定」ではありません。数人に1人程度しかお仕事の紹介はありませんので、多くの方が複数社にかけもち登録をします。

・主な塾・家庭教師の求人サイトまとめ
https://jukubaito.wordpress.com/parttimejob/

2.一般求人サイトで探す
家庭教師以外のバイトも探したい場合には良いでしょう。ただし、一つの家庭教師センターが多数の地域で募集していることが多いので、(探しにくいので)複数の家庭教師会社を探すには不向きです。

・アルバイトの求人サイトまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134629926409599001

3.個人契約サイトで生徒を公募する・求人に応募する
時給は派遣会社経由に比べて若干高くなります。注意点は、「生徒が見つかりにくい」「さまざまなリスクがある」ことです。個人契約サイトは沢山ありますが、それらに載っている求人をすべて合わせても家庭教師大手1社分よりも少ないのが現実です。(競合は派遣会社の場合よりや多い)

家庭教師のバイトを探す

1