1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kazhiroseさん

汗を抑えるというアプローチじゃなくて、短時間で大量の汗をかかないように、こまめに少しずつ汗を出して目立たなくするサプリなので汗っかき体質の解消も期待して飲んでみるのが良いんじゃないかなって思います。

暖かくなり段々と気になってくる汗、中でも特に気になるのがワキ汗

目立つとからかわれたり、
からかわれたら嫌だなと思ったり、
臭ってたらどうしよう恥ずかしい気持ちになる。

ワキ汗ってどこから出るの?

汗を出す汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。

エクリン腺は全身に存在する1平方センチに100個以上もある小さな汗腺で、主に体温を調節する役割を担っています。エクリン腺から出る汗の99%は水分で、残り1%に塩分や尿素、アンモニアが含まれています。99%が水分であるだけに、においはほとんどありません。

〈アポクリン腺〉
思春期以降、体の特定部分(脇の下、乳首、外耳道、肛門周辺、鼻翼、下腹部など)に発育する汗腺。pHは中性(6.7~6.9)に近く、タンパク質を含み白く濁った汗は微生物の作用を受けやすい特徴があり、わきがなどニオイの原因になります。

見た目もだけど、”におい”も気になる

汗くさいといわれるように、汗はにおうというイメージがつきもの。
でもじつは、身体から分泌されたばかりの汗はほぼ無臭。汗に皮脂や汚れが混ざって、皮膚常在菌により分解されるとニオイが発生するのです。

ニオイを防ぐには、汗を皮膚常在菌と反応させないことが大切。お風呂やシャワーを浴びたり、下着や衣類を清潔に保つのはもちろん、汗をかいたらこまめに拭き取り、汗をかく前の予防も忘れずに。

においの原因、皮膚常在菌を撲滅しちゃったらダメ?

常在菌とはその名の通り、私たちの体に存在する微生物のことです。常在菌は全身に生息していますが、その中で肌の上に生息しているものを皮膚常在菌と呼びます。

具体的には、表皮ブドウ球菌、アクネ菌、マラセチア菌、黄色ブドウ球菌などがあげられますが、それらの菌はおよそ1兆個生息していると言われ、私たちの肌の上にある皮脂や汗をエサに生息しています。

常在菌は通常害を持たず、安定して生息することで、病原性微生物の繁殖を抑えるような役割を持っているのです。しかし、何らかの原因でバランスが崩れたときに、トラブルの原因となることがあるのです。

たとえば、ニキビの代名詞とも言われるアクネ菌ですが、実はアクネ菌は、肌のどこにでも存在する常在菌なのです。ストレスやホルモンバランスの乱れなどで皮脂が過剰に分泌されて毛穴を塞がるようなことがあると、その中でアクネ菌が増えて、ニキビができてしまうのです。

肌が受けるカビや花粉といった外部からの刺激や、病原体のようなものも、ちょっとしたものであれば皮膚常在菌が守ってくれますので、トラブルの無い強い肌をつくることができるのです。

不潔にすると皮膚常在菌が増えて肌トラブルの原因になりますが、だからといって、肌を過剰に洗いすぎると、今度は皮膚常在菌を殺すことにもなりかねません。洗い過ぎず与えすぎずの適切なケアを意識して、美肌をつくる皮膚常在菌と上手に付き合いましょう

イソフラボンで体質を改善して汗を抑える対策

男性ホルモンは発汗を促すように作用し、
女性ホルモンは発汗を抑制するように作用するのが基本的な働きです。

しかし、実際には女性ホルモンの働きは複雑で、女性ホルモンの中でも、その種類にって発汗に対する役割は異なってきます。

2種類の女性ホルモンのうち、
黄体ホルモンは体温を高くするので、汗を多く出させる働きがあり、
逆に卵胞ホルモンは汗を抑える働きがあります。

”卵胞ホルモン(エストロゲン)“
排卵に関連するホルモンであり、
卵巣や子宮の発達を促進させる役割を持ち、
女性らしい体型を作り出します。
また、更年期になると、排卵がなくなくので、分泌されなくなります。

大豆には大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンはエストロゲンと似た構造・作用をしていることから植物性エストロゲンと呼ばれます。
大豆製品を取ることで外からエストロゲンを補給できるのです。

飲む汗止めサプリがあるんです

大汗をかいてしまう多汗症を治したくて、
汗を抑えることばかり考えて悩んでいましたが、
この考え方は逆なんです。

汗・ニオイ対策サプリメントの「アセッパー」の解説によると、

いつも汗をかいている代謝のいい人は、多汗症じゃなく、
いつもは汗をかいていない人が、多汗症になるそうです。

1 2