1. まとめトップ

ココナッツミルクのすぐれた効能

ココナッツミルクいいですね

更新日: 2015年05月04日

5 お気に入り 8533 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pacouponさん

ココナッツミルクとは

成熟した種子の内側にある白い固形の胚乳から採れます。ココナッツの胚乳には液状胚乳と固形胚乳があります。若い実の液状胚乳はココナッツジュースと呼ばれていますが、これはココナッツミルクとは全く違ったものです。

ココナッツジュースは飲み物として飲むのが一般的

すりおろしたココナッツの固形胚乳を水と一緒に弱火で煮込んでから裏漉しし、目の粗いガーゼなどの布で絞って作る。

ココナッツミルクの効用

■コレステロール値を下げてくれる
■脂肪になりにくく、ダイエット効果も
■血糖値が気になる人に
■歯や骨を強化
■アンチエイジングとして
■バターの代わりに
■免疫力アップ
■保湿、メイク落とし
■ヘアコンディショナー

新鮮なココナッツミルクを直接肌に塗り30分ほどおくだけで、肌にうるおいが行き渡り、スムーズで滑らかに。保湿効果に優れているので、乾燥からもしっかりと肌を守ります

アンチエイジング

ココナッツミルクには、ビタミンCなどの抗酸化物質も豊富で、肌の弾力性を維持し、シワを防ぐ効果にも優れています。定期的に気になる部分につけることで、アンチエイジングとなり、肌を老化現象から守る働きをしてくれます

脳のエネルギー不足は認知障害を招くといわれ、アルツハイマー病を引き起こすが、そのエネルギー源となるグルコースの代わりに、ココナッツミルクの中鎖脂肪酸が体内で働いてくれる。体内で取り込まれた中鎖脂肪酸は肝臓でケトン体となり、脳のエネルギー源であるグルコースと同じ働きをするのだ。

1