1. まとめトップ

【ダメ主人公】ニート、無職、引きこもりを描いた漫画

駄目人間だけど、憎めない主人公達のマンガを集めました。

更新日: 2017年07月20日

arthur304さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
618 お気に入り 540121 view
お気に入り追加

■サルチネス/古谷実

14年間、引きこもっていた残飯おとこが、自立をするため立ち上がる……。とはいえ、何もできるはずもなく、周囲に大迷惑をかけるだけ。

主人公は、仕事もせず、自分勝手な屁理屈をこね、ある大学生の弱みに付け込み、アパートに住みつきます。

ただ主人公に嫌悪感だけを抱いて読むのをやめるかもしれません

No.185 (キュ)引きこもりの「残飯おとこ」が主人公の、古谷実の漫画です⇒サルチネス

サルチネス良い。素直にさっさと読めばよかった。古谷漫画で泣くとは思わなかった。しかも感動で。

■あくたれRUDE39/福本伸行

福本伸行 (著)

定職も持たずブラブラしていた片桐の前に、ある日、少女があらわれる。最初は迷惑がっていた片桐であったが、少しずつ心を開いていく。

主人公はパチプロの片桐。しかし単に勝った負けたではない。福本漫画らしく、パチンコを通じて人生を描く。

片桐を通じて学ぶことのできるものの中には、諦めずに裏道を探せとか、行動できた者が勝ちとか、教訓めいたものもあれば、現実に存在してほとんどの金持ちが利用している搾取のシステムが、いかに権力者にラクをさせているか、といった体制批判めいたものもある。

■34歳無職さん/いけだたかし

働き盛りと言われる三十代半ば。その人生の最盛期に彼女は色々と思うことあって“1年間何もせずにいよう”と決めます。でもって始まる無職ライフ。新しい掃除機に一喜一憂したり、夜の街に耳を済ませて銀河鉄道に想いを馳せたり・・・急がず、焦らず、働かずな無職さんの日常をそっと覗いてみませんか?

このマンガは成人した人間の一人暮らしを描いた日常物です。 主人公は一人暮らし且つ無職(無職は一年間の期限付き)なので、店員さんや過去の友人以外の登場人物はいません。 したがって、人との会話はほとんど無く、台詞は主人公の独り言ばかりです。しかし、煩わしい人間関係もないので、ゆったりとした雰囲気を感じながら読めます。

THE 3名様/石原まこちん

深夜のファミリーレストラン。奥のシートには、いつものさえない3人組が…。モラトリアムと笑わば笑え。彼らの青春はここにある……のかもしれない……。

世間的には、結婚・子供・マイホーム・昇進など、人生設計を立てているとされる年代。普通なら焦るか人生を投げるかしている頃

【新作】THE3名様 第1話 フリーター男3人組が深夜のファミレスで織り成す、気だるくも笑える日常トーク。 mcs.ensoku.club/con/1031 #石原まこちん #SAY-U #ENSOKU pic.twitter.com/oDkBk7rCyO

■BTOOM!(ブトゥーム)/井上淳哉

日々を無為に過ごす典型的なニートの坂本竜太は、突如見知らぬ男たちの手によって南海の孤島に連行される。そこで彼が強いられたのは、同じく島に連れ去られて来た人々との爆弾を駆使した殺し合い!? なぜ、誰が、何の目的で!? ゲームの名は『BTOOOM!』。

引きこもりのゲーマーが黒服に連行された無人島では爆弾を使った殺し合いが始まる。

1 2 3 4 5 6





arthur304さん

エンタメ・時事問題に興味があります。